3047 VIEW

100均粘土は誰でもハマる!楽しく作れるレシピ集

一概に粘土といっても実にさまざまな種類のものがあります。100均でも紙粘土、軽量、樹脂、木かる、小麦、油、石粉、石けん粘土などいろいろ。どの粘土がどんな作品に最適なのか粘土の種類別特徴と作品レシピを見てみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年1月4日更新

ニスを塗ると作品の仕上がりがきれいに見えます。紙粘土作品に使うニスは、水溶性の木工用ニス選びましょう。うすめ液を混ぜる場合は、商品の説明書を良く読んで取り扱いに気を付けてください。

ニスがなければ、木工用ボンドを水で薄めてニスの代用にすることもできます。

ニスを塗るときは、作品が乾いてから塗るようにしましょう。

紙ねんどで「カラフルうさぎ」

可愛いうさぎを作ってみましょう。

「かる~いかみねんど」でスターナンバーオーナメント

おしゃれなオーナメントも紙粘土で作ることができます。

紙粘土で作る「お菓子の貯金箱」

大人でもハマる粘土工作ですね。親子で一緒に作ると楽しい時間を共有できますね。

軽くて使いやすい「軽量粘土」

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事