2568 VIEW

コースターなら初心者も簡単。布以外にもいろいろな素材で作ってみよう

コースターはどんなものを使っていますか?ハンドメイドのコースターでお茶を出せばそこから会話が拡がります。布はもちろん、コルク、毛糸、フェルト、折り紙、アイロンビーズや端材までさまざまな素材で作ることができます。手作りのコースターでおもてなしをしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年1月4日更新

ワインのコルクを並べて

通常、ワイングラスの場合コースターは使いませんが、ワインのコルクで作ったコースターなら使いたくなりますよね。
キンキンに冷やしたワインなら置いてもよさそう。

ワインのコルクを割って作る

コルクを半分に切って丸いコルクに貼りつけ、不要な部分はトリミングして作ります。

英語サイトですが、画像で作り方を説明してます。クルーガンを使って接着します。実はクルーガンも100均で揃えることができます。なければボンドでも代用可能ですよ。

布で作るコースター

基本のコースター

まずはシンプルに四角いコースターを作ってみましょう。
リネンやデニム、シャンブレー、帆布などの厚みがある生地がコースターに最適です。

好きなサイズに縫い代を1cm足して裁断し、生地を中表に重ねて、並み縫いで返し口を残してぐるりと4辺を縫います。

返し口から表にひっくり返してコの字縫いで縫い目が見えないように綴じてできあがりです。リネンの場合、アクセントに赤い糸でちくちくステッチを刺して仕上げてもいいですね。縫い幅が多少曲がっていても味わいがでていい感じです。

ほっこり厚みで安定感バッチリ

生地の内側にキルト綿を入れてふんわりと仕上げたコースターは、吸水性もよく機能性抜群です。

布を切り替えてレースをあしらうとおしゃれなコースターに。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事