こんなに簡単♪ギフトにもできる手作りキャンドル⭐︎

おうちで長い夜を過ごしている時に、キャンドルの炎を見ているとリラックスできますよね。でも可愛いキャンドルって高いし、探すのも手間。いっそ手作りしませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月28日更新

こんなに小さいドングリのカップをつかてキャンドルを作るなんて、なんて可愛いアイデアでしょう。欧米ではドングリの帽子はフェアリーカップと言われて、妖精たちが飲み物を飲むのに使っているなどと言われます。もしかしたら、トーチ代わりに使ってくれるかもしれません!
作り方は簡単。芯を入れてキャンドルを溶かして入れるだけ。あまり実用性はありませんが短い時間見て楽しむにはいいですね。

貝殻をキャンドル

クリスマスにお正月に食べた牡蠣の殻、ホタテの殻、ハマグリの殻。もちろん夏の思い出の貝殻を使って素敵なミニキャンドルを作ってみてはいかがですか?貝の大きさによってはティーライトキャンドルと同じくらいの燃焼時間になるものもあるのではないでしょうか。火を灯した時の安定性を考えて貝を選んでください。心配であれば、砂を入れたトレーに貝を置くと、貝が安定し、なおかつまるで砂浜にある貝のような演出になりオススメです。

ボトルキャップもキャンドルに

外国製のビールなどを飲むと、可愛い王冠を見つけることありますよね。取っておいてもしょうがないし、と捨ててしまいますが、こんなキャンドルを作ってみるのはいかがですか?このサイズならちょうど一回のお風呂で使い切るくらいのサイズ感。くつろぎのバスタイムに毎回一個ずつ火を灯すのも悪くないアイデアです。

注ぐだけで作るキャンドルも、ちょっと工夫でカラフルに。

キャンドルを入れるグラスにロウを注ぐ際に、お箸など何か枕になるものを置いてグラスが傾くようにします。乾いた後に2色目を投入。それを繰り返して斜めのラインで色が変わるキャンドルに。色変えに夢中になりすぎて、キャンドルの芯を入れ忘れないように気をつけてくださいね。

クッキーモールドを使って可愛い形のキャンドル

クッキーの形を使えば、簡単に可愛いキャンドルができます。使う時は、水の中に入れてフローティングキャンドルなどにもできそうです。100均にもたくさんクッキー型が売っているので楽しい形のものがたくさん作れそうです。思わぬものが素敵な方になってくれるかもしれませんから、いろいろとキッチンや、子供のおもちゃなど見てみるといいですね。

クッキー型で作ったキャンドルもさらにキャンドルにつなげて森のよう

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事