WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

超簡単!美味しく節約!!鶏の胸肉をしっとりさせる方法とアレンジレシピ

鶏の胸肉ってパサパサで美味しくないと思う方多いと思います。でもすごく簡単に鶏の胸肉をしっとりさせる方法があります。一度覚えてしまえばいろんなレシピにアレンジできるので、普段の献立はもちろんお弁当にも最適です。これは美味しい!と思ったしっとり胸肉を使ったオリジナルレシピも紹介します。 #鶏肉 #レシピ #料理の知恵

Sayaka
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.4.16 / 作成:2018.4.16

鶏の胸肉をしっとりさせる魔法の水〜ブライン液〜

ブライン液とは水100cc・塩5g・砂糖5gの混合液のことです。この分量で鶏の胸肉3枚は漬けることができます。漬ける前に胸肉は観音開きにしておきましょう。漬けておく時間の目安としては4時間〜ひと晩です。私は大体1日以上置いた胸肉を調理しています。もっと早く調理したいのであれば、お肉をカットすれば1〜4時間でできますよ。鶏の皮は好みによって除いて下さい。

ブライン液につけた胸肉をさらさにしっとりさせる方法

漬け終わった胸肉の皮を下(除いている場合は両目どちらでも)にしてフライパンで蒸し焼きにします。ここで重要なのはとろ火〜弱火で調理することです。低温でじっくり火を通すことでよりしっとりジュウシーに仕上がります。そして最大のポイントは、胸肉の表面が白くなったら火を止めて余熱で調理することです。胸肉が白くなってから火を通し過ぎると固くなってしまい美味しく仕上がらないので、慣れるまでは目を離さないで下さい!

フライパンの種類やコンロの事情にもよると思いますが、火をかける時間は約10分です。

お肉の表面が白くなったら冷めるまで余熱調理です。

ポイント

  • とろ火〜弱火の低温調理
  • 余熱で調理
  • 火を通し過ぎると固くなるので注意!

しっとり胸肉のアレンジレシピ

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • Sayaka

    美味しい食べ物への探究心が止まらない2児の母です。外食しなくても満足のいくお家ご飯をコンセプトに、...

    フォローする