WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

生花のようなクオリティ!アーティフィシャルフラワーがすごい!

アーティフィシャルフラワーって何?造花とは違うの?
最近よく聞かれるアーティフィシャルフラワーについて、その魅力や使い方、注意点などについて調べてみました。 #花

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.5 / 作成:2018.3.1

アーティフィシャルフラワーって聞いたことがありますか?
最近、インテリアディスプレイやイベント時などに使われることの多いアーティフィシャルフラワー。

今回は、その使い方や活用方法、美しく飾るためのポイントなどについてお伝えします。

アーティフィシャルフラワーって何?

アーティフィシャルフラワーとは、一言で言うと、「高品質な造花」のことです。

プリザーブトフラワーやフレッシュな生花とは異なり、その素材は全て作り物。
しかし、限りなく生花のクォリティに近づけて、むしろ生花では出せないような美しさをも追求して作られた造花です。
ハイクォリティな造花というと、もともと「アートフラワー」「シルクフラワー」といった名称で親しまれていたものがあるのですが、それらを統一した名称にしようと「アーティフィシャルフラワー」という呼び名が生み出されたそうです。
アーティフィシャルフラワーと、一般的な「造花」との違いは、その精緻なまでに造り込まれた造形美、本物に迫ったリアリティ、高い芸術性にあります。

昔ながらの造花が、近くで見るといかにも作り物であるのに対し、アーティフィシャルフラワーは、間近に見てもその繊細な美しさを楽しめることから、インテリアへのディスプレイにもよく活用されています。

アーティフィシャルフラワーの魅力

お手入れが楽!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする