WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

憧れの【南仏プロヴァンス風】スタイルの部屋作り

南仏プロヴァンス風と聞いて、みなさんは何を思い浮かばれますか?最近では外壁からしても、南仏プロヴァンスのスタイルを取り入れている家を見かけることも少なくありません。今回は現地の生活を通して自然と融合した、その独特なライフスタイルをお届けしていきたいと思います! #住宅

lakki
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.7 / 作成:2018.2.5

地中海に面したフランスの南東部に位置する、1年を通じて太陽に恵まれ温暖気候の、南仏プロヴァンス。マルセイユを中心とするプロヴァンス地方とニースを中心とするコート・ダジュール地方の総称として、南仏プロヴァンスと呼ばれているようです。

インテリアでプロヴァンス風と呼ばれるスタイルは、石造りやレンガ造りの外壁が特徴です。それはミストラルと呼ばれる強い風が吹く気候に合わせ、壁は厚くしっかりという傾向になったようです。
またオレンジや黄色と太陽を思わせる色の外壁が多く、瓦も渋めの赤やオレンジに統一されているのを多く見かけます。

今回はそんな南仏プロヴァンスの家の中、インテリアの様子を、インスタグラムの投稿の中から真似したくなるコーディネートをご紹介させていただきたいと思います。

基本その1『自然素材』を中心に

木の持つ温かみを大切にし、自然の素材をそのまま生かすのを好むのも、南仏プロヴァンス風インテリアの特徴の一つです。このようにダイニングにはナチュラル感漂うウッドテーブルを取り入れ、家族が一緒に食べることを基本としているので、大きめのテーブルを取り入れているご家庭が多いのも基本です。
蛍光灯よりも間接照明を好むフランス人の家庭。こんな風に中央にたくさんロウソクが点くキャンドルホルダーを、常備しているご家庭もあります。
キャンドルの灯りに映える自然素材のテーブルや椅子、見た目と機能性、そして雰囲気をも大事にしている様子が伝わってきます。
素朴な木材の質感を、そのまま残してある床にシンプルな白い家具が見事にマッチしています。そして収納にはモノトーンインテリアとも相性の良い、ナチュラルなかごを使用しています。無造作に置かれているように見える小物が、キッチリしすぎないホッとするような印象を与えてくれます。
 

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • lakki

    衣食住に関するリサーチが大好きです。

    フォローする