WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ソース絶品!速攻【トンテキ】レシピ*お肉柔らか仕上げの〈裏技〉付き

短時間でササっとできるトンテキは、ガッツリ食べたい時に嬉しい時短レシピです。トンテキに絡めるソースもアレンジ可能!基本の作り方さえ知っておけば、時間がない時のおかずやおつまみに重宝します。
今回は肉を柔らかくする方法と、本場四日市トンテキの作り方とアレンジレシピをご紹介します。 #トンテキ #レシピ

ottore
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.29 / 作成:2018.1.27

濃厚こってりソースが豚肉に絡んでテリテリ!大盛りのキャベツと一緒にモリモリ食べたいトンテキは、三重県四日市市発祥のB級グルメです。

使用する豚肉の部位は、主に肩ロース。

少々噛みごたえはありますが、ナイフを入れて一口食べると、ソースが絡んだ肉片から濃厚な旨味がジュワーっとお口の中に広がります!

トンテキを柔らかく仕上げるには?

「今日は豚肉が安いからトンテキにしょう♪」と思って買った豚肉が思ったよりも硬かった、という経験はありませんか?

肩ロース肉は赤身と脂身が混ざり合い、普通のロース肉よりも脂肪分が多いので濃厚な味わいが楽しめる部分です。

でも、美味しいトンテキを期待して調理してみたら硬く小さく縮んで、がっくり来ることも…。

そんな不幸なトンテキ事件を防ぐために、調理前にちょっとした下処理をしておきましょう。

筋切りする

「筋」とは豚ロース肉の白い部分のこと。
この部分は、加熱すると縮みやすく、肉全体を反り返らせて、見た目も悪くなります。

それを防ぐには、包丁の先で2〜3cm間隔で切り込みを入れます。

肉の厚みがある場合は、裏からも同じように切り込みを入れましょう。

肉を叩く

ビール瓶や市販の肉叩き用ハンマーで、肉を叩いて肉の繊維を断ち切り、組織も破壊することで肉が柔らかくなります。

できれば瓶類で叩くよりも、表面がデコボコした肉用ハンマーで叩く方が、肉の内部までダメージを与えるので効果的です。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ottore

    インテリアも食生活もシンプルを目指す、駆け出しミニマリストです。

    フォローする