WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

スープジャーでランチが楽しくなる♪一年中使おう!レシピ♡使い方のポイント

今人気の「スープジャー」を持ち歩く人は年々増えています。保温性・保冷性に優れ、熱いものは熱いまま保温し、具材を入れておけばランチタイムにはできている「保温調理」も可能。冷たいデザートも楽しめるという優れものです。アイディア次第で一年中活躍してくれるスープジャーでランチをもっと楽しくしませんか♪ #スプージャー #レシピ

松本真由美
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.26 / 作成:2018.1.25

スープジャーで広がるメニュー

出典 

冬の寒い日や、夏場でもエアコンの効いたオフィスでは、何か一品温かいものがほしいですよね。冷えは女性にとってよくないので、お腹の中から温めてあげましょう。

そんなときに活躍するのが「スープジャー」。スープだけでなく、シチューやプチ鍋、雑炊、パスタなど作れるメニューは豊富。ジャーにカレーや中華餡を入れて、白ご飯をもっていけば、カレーライスや中華丼ができます。蕎麦や素麺を別に入れてジャーに出汁を入れるのもいいですね。

プリンやゼリーといった冷たいデザートも作れます。夏場は冷製スープもいいですね。
具だくさんのスープとパンや、ヨーグルトとグラノーラの組み合わせなどは、ダイエット中の方にもおすすめです。

手作り弁当派の方はもちろん、買ってくる方もスープジャーに具材を入れて持ってくれば、ランチタイムには熱々が食べられて栄養も取れますよ♪

調理を行うときのポイント

スープジャーを正しく使って美味しい料理を楽しみましょう♪

あらかじめお湯を入れて温めておく

予熱をしておくことで保温効果が増し、熱々の状態で食べることができます。
保温・保冷効果のあるお弁当袋などに入れるのも効果的です。サイズの合うものを探してみましょう。
 

使用するお湯は沸騰させた熱湯を使いましょう

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    食生活アドバイザーの資格を活かし、日々の食卓を楽しく美味しくできるようなアイディアをお届けします...

    フォローする