WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

スッキリさせればインテリアが引き立つ!覚えておきたい目隠し術

何となくごちゃっとした印象でお洒落なインテリアの印象が埋もれた感じの場所ありませんか?今回は、こんなごちゃつきをスッキリみせるための目隠し術をご紹介します。 #100均DIY

As
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.17 / 作成:2017.10.17

お部屋づくりをする中で、お洒落なインテリアを置いてるはずなのに。収納も出来ているはずなのに。なんだかごちゃっと見えてしまう。。といった事はありませんか?

今回は、このように色んな物が見えすぎている現状をサクッと解決するための「目隠し術」をご紹介します!お家全体で役立つ技なので是非チェックされてみて下さい♡

インテリアが引き立つ目隠し技<小物収納編>

小物類は「形状と棚サイズ」に合わせた収納アイテムに振り分けて!

このように「棚サイズ」「収納したい物の形」に合った収納アイテムを組み合わせれば、隠すと同時に最大限のスペースを活かし、使い勝手の良い収納ができます!

例えばこちらの場合だと、レターラックには特に小さい小物類。ファイルボックスには背の高い物。ワイヤーかご×目隠し袋は取り出しやすいので使用頻度の高い物。蓋付きバスケットは出し入れしにくいので使用頻度の低い物。といった感じに振り分けると◎
 

白で統一すればスッキリ美しい目隠しが実現。

統一感を出すには、目隠し収納に使うアイテムのデザインやカタチを揃える。というのも1つ。しかし形やデザインが違う。。といった場合は「色」を統一しましょう!

このように、壁や家具に合わせ、全ての収納アイテムをシンプルなデザイン×「白」で揃えると、カタチの異なるケースが並んでいても、統一感がありスッキリみせる事ができます!

子供部屋は「隠す×見せる」を組み合わせる。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

    フォローする