WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

内窓を二重窓にするDIYアイデア

内窓を付けたいけど、業者さんではお金がかかるから自分でどうにかしたい!そんなあなたにぴったりのDIYを教えちゃいます。
意外と簡単に出来るので、DIY初心者の方でも安心して取り組めるものもありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

海花
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.1 / 作成:2017.10.1

内窓の役割・重要性

内窓ってそんなに重要なもの?そう思っている人も多いと思います。
必然的に使用されているところは寒い地域のところです。外の気温がマイナスを超えるところは、二重窓にしないと寒さで凍えてしまいます。
もちろん、暖房機器はつけていますが、内窓があるのと無いのとでは室内の温度は劇的に変わってきます。また温度だけではなく防音性や防犯にも役立つのでおススメです。
 
殺風景な部屋も、おしゃれな内窓を付けることで、カフェのような内装に仕上がったりできるので、自分好みにアレンジできるのもうれしいですね。

内窓ってどんなもの?

もともとある窓の内側に、もう一つの窓を作って二重にします。外窓と室内に空間があるといえば分かりやすいかもしれません。
この二重構造が、防音対策にもなり、室内窓からの隙間風を通しにくくなるので、冷暖房の節約にもなります。
また外窓と内窓、両方にもカギをかけておけば、いざというときの防犯対策にもなります。
 
特殊な工具などはそろえなくても大丈夫なので気軽にDIYできます。
ドライバーされあれば出来てしまうものもあるので、自分が作ってみたいものに合わせて用意しましょう。

室内の温度が保たれるので、冷暖房の節約にも最適です。

材料を買う前に

材料選び

車がなくて買い出しにいけないという方、出来るだけ簡単に済ましたいという方は通販や配達してくれるところで購入するようにしましょう。
 
セットを購入して一気に作るも良し、バラを買って一から作るも良し!
木材やプラスチックやアルミなど素材はいろいろあるので、実用性、部屋との相性などを考えて選びましょう。

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ