WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

室外機カバーDIYの作り方!

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2017年3月15日更新

インテリアにこだわる人は、外置きする室外機の見た目にだって手を抜きません!ガーデニングなどでせっかくベランダやお庭をキレイに整えていても、室外機が機械感むき出しのまま放置されていたら、雰囲気も台無し・・・
お洒落で簡単に、室外機カバーをDIYしちゃいましょう!
みなさん、室外機ってどうされていますか?
ベランダやお庭のインテリアディスプレイを整えていると、やっぱりどうしてもその野暮ったい外観が自分の目指すインテリアを損ねてしまう、というお悩みを抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、素敵で簡単に作れる室外機カバーをDIYする方法についてお伝えいたします!

室外機カバーとは

主にベランダや庭に設置されていることが多い室外機。
そのボディは、直射日光にさらされて高温になりがちなため、余分な電力消費をしてしまうこともあります。
そんな無駄なことにならないためにも、室外機にカバーを付けることは重要!節電のために、必須の対策とも言えます。
冷房をかけているのに、ちっとも涼しくならない、という場合にも、案外室外機カバーひとつで冷房効率がアップして、悩みが解消された、ということもありますよ。

また、せっかく気合を入れてガーデニングをしていても、室外機がそのまま放置されていたら、雰囲気も台無しです。
室外機カバーは目隠しになるので、ベランダやお庭をおしゃれにするのにも役立ちます。

室外機カバーDIYの注意点

早速、室外機カバーを作り始めたいところですが、その前に大事な注意事項を確認しておきましょう!

室外機の役割は、エアコンの排気と吸気を行うところにあります。
外観にこだわるあまりに、室外機を覆い過ぎてしまうと、肝心の室外機としての役割を果たせなくなる恐れがあります。

注意点として、まずは「熱の逃げ道を作る」必要がある、ということ。
通風孔をふさがないように気をつけましょう。通風孔が塞がると、熱の逃げ道がなくなり、熱がこもってしまう原因になってしまいます。

また、材料をいきなり買いに行くのではなく、まずは室外機とカバー込みのスペースを確認しましょう。スペースに合ったサイズのものを作らないと意味がありませんよね。
正確に採寸した上で、作りたいカバーのイメージをしっかり固めた上で、作る前に図面を作成しておきましょう。

室外機カバーのDIYの作り方

室外機カバー設置場所をチェック

あなたにおすすめ

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする