WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

植物を閉じ込めたハーバリウムの魅力

みなさん、ハーバリウムをご存知ですか?ハーバリウムは、特殊な液体の中に植物を閉じ込め、長く鑑賞することができる魅惑のインテリア。今回は、このハーバリウムの作り方と魅力をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。 #雑貨 #ハーバリウム #作り方

shibao
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.18 / 作成:2017.11.11

ハーバリウムとは

本来は複数の植物標本を表す言葉

ハーバリウムとは、押し花などの植物標本を表す言葉ですが、最近はドライフラワーなどの花材をオイルの入った便に入れたおしゃれなインテリア雑貨、それをハーバリウムということが多くなっています!

最近では自作する方も増えていますが、引火の恐れもあるオイルなどを扱うため、安全性重視でハーバリウムの作り方や魅力をご紹介していきます。

ハーバリウムを作ってみよう!

ハーバリウムの作り方は別記事で詳しく説明しています!

ハーバリウム用の「オイル」が長持ちのカギ

ハーバリウムの作りに必要なアイテムとして欠かせないのが「ハーバリウム用の専用オイル」。この専用オイルに植物を漬け込むことで、植物が枯れずに3ヶ月~1年ほどもつと言われています。

ただ、この特殊な「ハーバリウム用の専用オイル」が厄介で、手に入れるのが困難。
今では「そらプリオイル」や「浮世花オイル」、「ハーバリオ」など沢山の専用オイルが気軽に手に入ります。

DIYでベビーオイルなどで代用する方もいらっしゃいますが、植物の色を溶かしてしまうため、あまり長持ちはしないようです…。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

    フォローする