WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

妊娠検査薬の使い方と時期は?薄くても焦らない正しい知識を学ぼう!

#妊娠検査薬

power168a_a
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2016年10月4日更新

妊娠検査薬いつから使ってますか?タイミングを間違えてフライングしないように、いつ使えばいいのか、使用時期やタイミング、正しい使い方を身につけましょう!今回はそんな妊娠検査薬の、改めて確認して欲しい「正しい使い方と使用する時期」についてお話します。

妊娠検査薬とは

出典 We Heart It

妊娠検査薬とは「妊娠しているかどうか検査する薬」です。
妊娠をすると胎盤で作られ始める「hCG」というホルモンの、尿中の値で判定します。
尿吸収体(脱脂綿を硬くスティック状にした感じ)に数秒間尿をかけて1~3分程待てば判定結果が出るという優れものです(製品により時間が異なります)。
そしてその判定の正確性は99%以上と謳っているところが殆どです。

この検査薬の歴史は浅く、世に出回ってからまだ30年程しか経っていません。
昔は、生理が来なかったり、つわりの症状が出て「妊娠かも?」と気付くしかありませんでした。生理が不順な人や、つわりが軽い・無い人は気付きづらいですよね。
その後になると、漢方医が手首の脈から判断したり、産婆さんが膣内の粘膜の変化により判断するようになりますが、どちらの結果も確実性は低いもの。

それを考えると、こんなに高性能で手軽な検査薬が開発・販売されているのは、驚くべき事だと言っても過言ではありません。

妊娠検査薬はいつ使えばいいの?

出典 OCTOBA

妊娠検査薬の判定可能な時期は「生理開始予定日の1週間後以降」とされています。その判定基準は“尿中のhCG値が50mIU/mLを超えるかどうか”。超えていれば陽性反応を示すことになります。

使用時期を守らないと…

生理開始予定日頃(=規定の使用時期より1週間程前)に検査して陽性反応が出たケースもありますが、50mIU/mLの濃度まで達するペースには個人差があります。

検査する時期が早すぎて(※)反応が出ず、結局また検査薬を使用しなくてはならなくなったり、陽性反応が出たと思って病院に行ったら、蒸発線(あとでご説明します)との見間違いで、まだ妊娠していなかったという事にもなりかねません。

(※)規定の使用時期より前に検査することを「フライング検査」といいます。

着床出血について

妊娠症状の一つに着床出血があります。
受精卵が子宮内膜に着床するときに生じる出血のことですが、これがあるとすぐに妊娠検査薬を使いたくなってしまうものです。

ですが、妊娠検査薬の判定基準は前述の通り“尿中のhCG濃度”です。着床出血により反応が出る訳ではありません。

やはり定められた時期を守って使用するのが一番の近道と言えるでしょう。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る