WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

材料費をかけずに作れるレジン風アクセサリーまとめ

大人気のレジンアクセサリー。一度自分でも作ってみたい……!
でも、本格的な道具や材料を揃えるのはちょっとハードルが高いんですよね。
そこで今回は、100均などで安く手に入る色々なものを使ったレジン「風」アクセサリーの作り方をご紹介します。 #レジン #アクセサリー #100均DIY

cocoa
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2016.9.11 / 作成:2016.9.11

レジンとは?

レジンとは、英語で「樹脂」のこと。
ハンドメイドにおけるレジンとは、樹脂をガラスのように固めて(硬化)作ったアクセサリーなどのことを指します。

紫外線で硬化させるUV樹脂や、硬化液と混ぜて使用することで硬化させるエポキシレジンといった種類があり、好みのパーツをレイアウトすることで誰でもオリジナルアクセサリーを作ることができ、アイデア次第でどんなデザインも実現できるんです。

特にUVレジンは硬化時間が5分程度という手軽さから人気が高まっているんです。

初期投資が馬鹿にならない……

手軽にアクセサリーをハンドメイドできるレジンですが、レジン液が25gで1,000円前後、UVレジンの場合UVライトが2,000円前後必要になります。
そこに型や封入するパーツも用意するとなると、ちょっとお試し程度では手を出しにくいですよね。

レジン液は100均でも手に入りますが、「色が黄ばんでいる」「劣化が早い」といったデメリットもあり、UVライトも太陽光に含まれる紫外線を使おうと思うと硬化に時間がかかってしまうんです。

代用品を使えば、安くレジン風アクセサリーが作れるんです

本格的な材料を揃えるお金はないけどレジンはやってみたい!
そんな方は、手軽に揃えられる安い材料を使って「レジン風」アクセサリーを作ってみませんか?

レジン液の代用品1「エポキシ2液混合タイプの接着剤」

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • cocoa

    フォローする