WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

勘違い!?実は間違いが多い風邪の治し方

風邪をひいた時、どうしていますか?昔からの言われであると効きそうな気がしますが、実は間違った対処法である場合も。間違った風邪の治し方についてまとめました。

samaman
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2015.1.12 / 作成:2015.1.12

寒いこの時期、どんどん風邪が流行ってきています。風邪にかかってしまったらまずどうしますか?
おでこを冷やす?熱を下げるためにいっぱい着込んで汗をかくようにする?
実はこのどちらも間違った方法なのです。間違った対処法だと、早く治るどころか長引く場合も。

おでこを冷やしても熱は下がらない

出典 www.hdrank.com

熱が出たらまず頭やおでこを冷やすイメージがありますが…

quote
体温を高めることでウイルスの動きを弱めて、
免疫力を上げるために身体が発熱しているので、
無理に熱を下げると治るのがおそくなります。
おでこを冷やすと気持ちいいですが、直接解熱作用はないのですね。
quote
熱を下げる時のポイントは、大きなリンパが通っているところを冷やすということ
quote
太い血管が集まる脇の下、首の周囲やそけい部(股の付け根の内側)など、太い血管が走っている部位に、
冷やしたペットボトルや冷たいタオルなどを置く。

冷やすのは、首・脇・足の付け根

風邪による発熱の他にも、熱中症の時にもこの部分を冷やすと良いようです。

「とにかく汗をたくさんかく」は×

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ