WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

東尾理子が「化学流産」を報告、化学流産てなに?対策は?

東尾理子さんが今月4日に自身のブログで化学流産だった事を告白しました。そもそも化学流産とはどんなものなのでしょうか。基本的な知識と原因と対策方法について調べてみました。 #芸能人 #ガールズ

crafts
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.12.5 / 作成:2014.12.5

化学流産とは?

化学流産は受精後に着床が止まった状態の事を言います。本人が気づかない事がほとんどで昔は化学流産とは分からなかったそうです。
現在は妊娠検査薬を使う事で分かる場合がありこの言葉が広く知られるようになりました。

化学流産はどうしてなるの?原因は?

原因は受精卵の染色体異常

出典 kotobank.jp

精子と卵子で46本の染色体が揃うはずが、受精卵が成長しはじめの段階で形状や数に問題がある事を染色体異常と言うそうです。
これは精子と卵子にそもそもの原因があったり受精時に異常が起こる確率もあり全体をふくめて45%の確率で染色体異常をもちます。

quote
受精卵が正常である確率の低さを考えると、染色体異常による化学的流産が起こるのは、ある程度仕方がないといえるかもしれません。

昔は分からなかった誰にでも起こる事

quote
誰にでも起こる可能性があり、症状はなく、そもそも流産には数えません。
育つことの少ない染色体異常を持つ受精卵が自然淘汰された結果です。
誰にでも起こることですからあまり気負いしすぎないようにしましょう。

予防方法はないの?

染色体異常は自然な現象、つまり着床しても100%出産できるということではないようですので、妊娠初期の流産対策を行うとよさそうです。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • crafts

    DIYやハンドメイドが大好きです!いろいろとご紹介できたら嬉しいです。

    フォローする