WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【加湿方法20選】加湿器以外で部屋の乾燥を簡単に防ぐやり方を紹介

#家電

flow
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年9月30日更新

乾燥する季節。水分不足は乾燥肌やインフルエンザなど、体に様々な悪影響を及ぼします。しかし、外出先やオフィスなど、加湿器がない部屋で加湿するにはどうしたらいいのでしょうか。そこで本記事では、加湿器を買わなくても、お部屋の加湿をするおすすめの方法をご紹介します。

加湿の重要性について

加湿とは、室内の湿度を高める健康管理のひとつ。
私たちの体は、水分補給をしないと、以下のような症状を引き起こしてしまいます。

・肌のかゆみ
・むくみ
・頻尿
・胃痛
・血行障害
・関節痛
・風邪
・インフルエンザ


一般的に、室内で保つべき湿度は40~60%が最適と言われています。最近では、エアコンで室温を管理していますが、エアコンは室内の湿度を奪ってしまうのです。

そこで、冬のみならず夏場のようなエアコンを多用する季節にも、加湿を上手に行い、健康を維持する必要があります。

加湿器がない!そんなときに加湿する20の方法

加湿するには加湿器を使うと便利ですが、いつでも好きなときに加湿器を使えるとは限りません。ではオフィスやホテルなど、加湿器がないときに加湿するにはどうしたらいいのでしょうか。

ここからは、加湿器がないときに加湿する方法を20個ご紹介いたします。

加湿する方法1.コップ1杯のお水を置く

暖房をつけて寝る時など特に気になる乾燥!就寝前にコップ一杯のお水、またはお湯を入れて枕元に置いて寝る。これだけでOK!

コップの水分が少しずつ蒸発し乾燥を防いでくれます。手軽に実践出来るのも嬉しいですね!

加湿方法2.マスクを湿らせる

綿100%のマスクの上部1/3を外側に折り、この折った部分を湿らせれば塗れマスクの完成です!

口だけを覆うようにつけて寝る。これだけで風邪予防・頭痛や花粉症の症状の軽減・喉の保護などにも繋がりますよ。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

    フォローする