WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

加湿器の使い方を間違えると大変な事に!?正しい加湿器の使い方を知ろう

冬の必需品、加湿器。風邪やインフルエンザを予防するために使用する人が多い加湿器ですが、間違った使い方をすると「加湿器病」という恐ろしい病気にかかってしまうことも。さらに過剰な加湿は部屋をカビさせる原因にもなります。しっかりと正しい知識を持ち、来る冬を元気に乗り越えましょう。 #家電

nyunyom
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2014年10月31日更新

急増中!恐ろしい「加湿器病」って?

風邪やインフルエンザを予防するつもりで置いている加湿器。その加湿器で、同じように苦しい病気にかかってしまうなんて!!

quote
風邪やインフルエンザを予防する加湿器ですが、間違った使い方で起こる「加湿器病」になる人が急増中です。
quote
正式名称は「過敏性肺臓炎」。加湿器を不衛生な状態で使用したときに発症する病気です。
quote
「過敏性」の名のイメージどおり「アレルギーで起こる肺の炎症性疾患」です。
quote
アレルゲンとなるカビが発生し、悪寒・発熱、全身倦怠、セキなどの症状を起こします。

「加湿器病」の症状と見分け方

インフルエンザのように、咳などで人に移るものではありません。しかし、同じ部屋にいると、原因となる加湿器から出るアレルギー物質が出ていますので、体が過剰に反応した場合風邪の様な症状が現れてしまいます。

quote
基本的には咳、発熱、全身の倦怠感といった、風邪に似た症状です。
quote
加湿器を常用していて、1週間以上変化なく症状が続く、または旅行に出ると起こらないけれど、家に帰ると起きるといったことがあれば、加湿器病も疑うべきでしょう

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ