WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

座ってる時間が多い人に試して欲しい!骨盤矯正クッションを使うメリット

毎日忙しいと、エクササイズをする時間や、骨盤矯正の治療を受けに行く時間は、なかなか取れないかも知れません。座って作業をしたままできるってことなら、すぐに試してみることができますね。

flow
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.10.21 / 作成:2014.10.21

骨盤の歪みがカラダに与える影響

quote
骨盤のゆがみが太りやすい体の原因にも!
骨盤は体の中心にあり、ボディ全体を支える土台のような役割をして、脊柱(背骨と首)、股関節(下半身)、肩甲骨(肩)と繋がっています。
繋がっているということは、骨盤の状態がそのまま、背骨と首、下半身、肩にも影響を及ぼします。
quote
◇疲れ、下半身のむくみ ・・・ 骨盤を支える体幹部の筋力が弱くなると、全体的に疲れやすくなります。全身を支える筋力が乏しいので、下半身に負担がかかりむくみやすくなります。
◇肩こり、腰痛 ・・・ 骨盤がゆがんでいたり姿勢が悪いと、体が硬かったり、筋力が低下し血流が悪くなることが一因で、肩こりや腰痛が慢性化しやすくなります。
quote
姿勢の悪化、老け姿勢、ボディラインのたるみ ・・・ 骨盤を支える筋力が弱くなると、姿勢が悪くなります。猫背やO脚ばかりでなく、背中が丸くなり実年齢より老けた印象を与えがちに。また、痩せていてもボディ全体がたるみ、メリハリのないスタイルになってしまいます。

腰痛が改善する!?

出典 hr-pocetna

quote
長時間のデスクワークによって歪んだ骨盤を矯正するために骨盤矯正クッションを活用します。骨盤矯正クッションを使うことによって正しい姿勢で座ることが出来るようになります。
quote
●低反発と高反発と硬質ウレタンの立体3層構造の働きで骨盤周りをキュッと引き締め骨盤補正
●上段の高反発ウレタンが骨盤を左右後方から包み込んで引き締めしっかり支えます。
●低反発と硬質ウレタンの組み合わせが沈み込みを押さえ、座骨やよ腰の負担を軽減し長時間座っても疲れにくくします。

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

    フォローする