WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ドイツビールはココが違う!?ドイツビールのおすすめ30種類まとめ

disable
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2015年8月27日更新

ドイツビールについて、ポイント整理。

ビールについて、法律が制定された起源は、1516年にバイエルン公国で発布された「ビール純粋令」。
ドイツ全土に醸造所1300軒以上、5000種を上回る銘柄がある。
ドイツ人一人当たりの水の年間消費量は約140リットル。

日本のビール年間消費量は、発泡酒等を加えても一人当たり約48リットルで世界49位。

ドイツビールは本来すべて地ビール。
5000種類あると言われるビールをひと目で見分けるには、まず色。
黄金色、黄色、琥珀色、黒など。

ドイツビールの平均的なアルコール度数は4.5~6%前後。
キンキンに冷やすことはせず、8℃前後が飲みごろだとされる。

ヴァイエンシュテファン ヘフェヴァイス

ヴァルシュタイナー

quote
ヴァルシュタイナー社は、1753年に設立されオランダ、ベルギーと国境を接するノルドライン・ヴェストフォーレン州のヴァルシュタインという町で、醸造されています。ドイツのピルスナーは、4つに分類することができ、そのうちの1つであるザウアーレンダー・ピルスナーの最も代表的なものが、『ヴァルシュタイナーピルスナー』です。

ピルスナー・ウルケル

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ