WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

イメージコンサルティングを取り入れて「一軍」だけのクローゼットへ

#ミニマリスト

ことり
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年9月15日更新

ミニマリストのクローゼットは必要最小限。だからこそ、すべて一軍です。少ないことに価値があるのではなく、重要なのは「全部お気に入り!」であること。イメージコンサルティングの結果を参考に、あなたの「好き」と「似合う」を両方取り入れて、最高のクローゼットを作ってみませんか?
皆さんのクローゼットには、「流行っているし、可愛いから買ってみたけど、実はあまり似合っていない」「試着室で見たら素敵だったけど、家に帰って着てみると、なんだか合わない」こんな服たちが着られずに眠っていませんか?

もしくは、「あまり好きじゃないけれど、なんとなく着てしまう」という服もあるかもしれませんね。

気に入っていない服がクローゼットに眠っていたり、なぜか着てしまったり。
それって、もったいないと思いませんか?


今回は、「全て一軍」のクローゼットを目指す皆さんに、クローゼットの見直し方と、「もう二軍の服をつくらせない」コツをお伝えしていきます。

1.ミニマリストは持っている服全てが「一軍」!

ミニマリストのクローゼットは「必要最小限」です。

「あまり好きではない服」や「なんとなく似合わない服」「最近着なくなってしまった服」はありません。

こんなクローゼットは、風通しがよく、管理がしやすいだけではなく、何より「手に取る全ての服がお気に入り」なので、どんな服を着ても1日ハッピーでいられますよ。


無理に減らす必要はありません。
「減らす」が目的ではないのですから。


目的は、「毎日着る服が全部お気に入り!」の状態にすることですよ。

2.ミニマリストのクローゼットの作り方

大切なことは「気に入っている」かどうか

ミニマリストのクローゼットは「トップス○枚、ボトムス○枚、全部で○枚以内」と決められているわけではありません。

ただただ「この服が大好き!」だけを残していった結果、それ以外の二軍以下の服がなくなり、総数が少なくなるのです。


大切なことは、「数が少ない」ということではありません。


皆さんのクローゼットは「全て一軍」ですか?

衣替えの前に、ぜひこれらのことを見直してみてください。
  • 明らかに汚れていたり、傷んでいる服は手放す
  • サイズが合わない服は手放す
  • 1年間一度も着ていない服は手放す
  • 手放そうか迷っている服は手放す

とくに注目していただきたいのは、4つめの「手放そうか迷っている服は手放す」です。
これは、とてもわかりやすいですよ。

本当に大好きな服ならば、手放そうだなんて迷わないはずです。

そのとき「手放すリスト」を逃れたとしても、また同じ悩みを繰り返すことでしょう。

もちろん、それを何度か繰り返しているうちに心が決まって、手放せる時期が自然とやって来る場合もあります。

だからこそ、定期的な見直しは重要なのです。

「今はそのタイミングではない」と思えば、無理をする必要はありません。
そのタイミングを待つ選択肢も、もちろんアリです。

この「見直す・手放す」の作業を何度か繰り返しているうちに、だんだんと決断力がついてくるようになりますよ。

なぜか着てしまう「それほど好きではない服」

皆さんのクローゼットに、きっと「それほど好きではない服」が眠っているかと思います。

しかし、その服、それほど好きではないはずなのに、たまに着ていませんか?

「今日なに着ようかな〜」と朝悩んで、「とくに出かける予定もないし、これでいいか」と選んでしまう、その服。

きっと、それよりもお気に入りはたくさんあるはずなのに、なぜかその服を選んでしまいませんか?

もしかしたら、1番のお気に入りよりも「これでいいか」で選んだその服の方が、着た回数が多いのでは?

服にも、時代にも、自分の好みにも寿命があります。

「着ないことこそもったいない」という気持ちで、お気に入りの服こそ大切に、たくさん着てみませんか?

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • ことり

    ミニマリスト歴5年。最初は「捨てる」から始まり、ある程度物が減ったところで「ちょうどよい」を維持す...

    フォローする