WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ミニマリストが教える!おしゃれなリビングの作り方とシンプル収納術

#ミニマリスト #収納

ことり
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年9月13日更新

おうち時間の大半を過ごすリビング。
整理整頓の時間を取らない、いつも片付いてシンプルなお部屋づくりをミニマリストは実践しています。
無駄のないコンパクトなリビングの作り方と収納アイデアを見ていきましょう。
おうち時間の大半を過ごすリビング。
無駄な整理整頓の時間を取らない、いつも片付いてシンプルなお部屋づくりをミニマリストは実践しています。そんなシンプルで無駄のないリビングの作り方と収納アイデアを見ていきましょう。
 

ミニマリストのリビングって、どんな感じ?

皆さんのお宅のリビングには、どのようなものが置いてありますか?

ソファにテレビ、リビングチェストにサイドテーブル、ラグやカーペットも敷いていますか?
お子さんがいらっしゃるご家庭なら、おもちゃや絵本もありますよね。

お家時間の大半を過ごすリビング。
スッキリさせれば、くつろげるスペースも増えます。
お子さんが思いっきり遊べるスペースも作れます。

家族みんなが集うリビングは、どうしても物が多くなりがち。
今回はミニマリストのリビングを参考に、過ごしやすいリビングを目指しましょう。

ミニマリストのリビングにあるもの

「必要最小限」のもので暮らすミニマリストのリビングには、どのようなものがおかれているのでしょうか。

「ミニマリスト」と一言でいっても、「これとこれだけしか置かないのがミニマリスト」「これが置かれていたらミニマリストではない」といった決まりはありません。

「必要最小限」は、人それぞれ違いますからね。


よく聞くのは、このような感じではないでしょうか。
  • ソファは置かず、ローテーブルを置いて床で過ごしている
  • ソファは置くけれど、テーブルは置かない
  • ソファを置かずに、大きなビーズクッションをソファ代わりにしている
  • ラグやカーペットは敷かない
  • テレビは置かない
  • カーテンをつけない

これだけ見ても、人それぞれまったく違いますよね。
「リビングが畳かフローリングか」によっても、生活スタイルは変わってくるでしょう。

カーテンをかけないミニマリスト

「え!カーテンが必要ないの?」と驚かれた方もおられるのでは?
周囲からの視線が気にならない環境にお住まいのミニマリストの中には、カーテンをつけずに開放感を楽しんでいる方もいるのですよ。

お庭やバルコニーが広いお宅は、そのままリビングと一体と考えることもできます。視覚的にも開放感が出て、よりスッキリとした印象になりますね。
高層階にお住まいの方も、広い空をカーテンで隠してしまうのはもったいないですよ。

日差しが強くあたるお宅や、他人の視線が気になる環境でしたら、カーテンは必須ですが「カーテンは欠かせないもの」という固定観念を捨ててみると、住んでいるお部屋の新たな魅力を実感できるかもしれませんよ。

テレビをおかないミニマリスト

「リビングにはテレビ」「テレビは一家に一台」とお思いではないですか?
実は、わが家にもテレビはありません。

もとも観る習慣がないので、とくに不便は感じていません。

ニュースはネットで確認したほうが早いですし、朝食のときはスマートスピーカーAlexa(アレクサ)のニュース読み上げ機能にお世話になっています。

「年に数回の登場するか、しないか」のわが家のテレビは「黒い壁」と化していたので、すぐに手放したものの1つです。

どうしても必要なときは、タブレットで視聴しています。

今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されましたね。
おうち時間が推奨されたこともあり、ご覧になった方もたくさんいらっしゃるかと思います。
テレビを持たないわが家も、たっぷり楽しみました。

パソコンにタブレット、スマホ。今は代用できるものがたくさあります。
「リビングにはテレビ」「一家に一台は当たり前」という思い込みをやめて、スッキリさせてみませんか?

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • ことり

    ミニマリスト歴5年。最初は「捨てる」から始まり、ある程度物が減ったところで「ちょうどよい」を維持す...

    フォローする