WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

正直面倒くさい…テンションが下がるママ友とのエピソード4つ

#ママ友 #相談

yoshi77777
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年8月17日更新

子どもを通してできるママ友は、育児の相談や夫の愚痴を聞いてもらえる、同士のような存在ですよね。でも自分と気が合って仲良くなるとは限らず、なかには一緒にいるとげんなりしてしまうママ友もいます。今回はそんなママ友との、テンションが下がってしまうエピソード4つをご紹介します。

初めて会った時からなれなれしくて距離感がない

初めて会ったときからなれなれしく、連絡先を知りたがり、頻繁に誘ってくるママ友がいます。そういうタイプの人は、人との距離感が近く、知り合ったママ友の情報を集めることがとても上手です。そしてそれを何でも他の人にも話してしまうので、自分が話した覚えがない話を、他のママ友が知っていた!ということもあります。

 

悪気はないのかもしれませんが、会話をするたびに「この話をしたら、他の人にもしゃべっちゃうんだろうな」と思うと、何を話したらいいのか、迷ってしまいます。

子どもが何をしても注意せずスルー

学生時代の友達とは違い、ママ友とは大人だけではなく、子どもを連れて一緒に出かけることも多いですよね。そんなとき、子どもが何をしても注意をせず、すべてスルーするママ友がいます。ファミレスで騒いでも何も言わずにスルー、ショッピングモールで騒いで暴れてもスルー。親がいるのに横から注意はしにくいし、かといって周りには迷惑をかけている。その場でどう対応をしたらいいのか、困ってしまうことがあります。

 

これが一度きりならまだしも毎回となると、一緒に出かけることをためらうようになってしまいます。

マウンティングをしたがる

  • どうして家を買わないの?お金ないとか?
  • 軽自動車に乗ってるのはどうして?ミニバン広くておすすめだよ!
  • ブランドの服とか着ないの?プチプラって着心地イマイチじゃない?

 

など、さりげなさを装って、自分が優位に立つようにマウンティングをしてくるママ友がいます。どんな会話にも親切なフリをしてマウンティングをしてくるので、話をしているとテンションが下がってしまいます。

 

せっかく会話をするのなら、楽しく対等にしたいものですよね。

我が子の自慢ばかりする

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る