WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

イカのカロリーとは?ダイエット中に食べていい?おすすめの食べ方も紹介

#カロリー

松黄泉
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年2月16日更新

イカ、と聞いてもダイエットに結びつく方はあんまりいらっしゃらないのではないでしょうか?
1杯(300g)あたり249kcalに脂質は2.4g。
カロリーは低いとはいえませんが、実はイカにはダイエットに効果的な栄養素がたっぷり含まれているんです。
この記事ではイカの栄養素とその効果を徹底解説。
イカを食べるにあたっておすすめのダイエットレシピもご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧になっていってくださいね。

イカのカロリーとは?

イカのカロリーは1杯(300gの場合)あたり249kcalで、100g換算だと83kcalです。

脂質は2.4gで、糖質は0.3gです。
イカにはタウリンが多く含まれているため、血液循環を良くして代謝を向上させるダイエット効果が期待できます。
食べ過ぎに注意して、バランス良く食事に取り入れたいですね。

 

イカ

量g

カロリーkcal

糖質量g

タンパク質g

イカ(生)

100g

83kcal

0.1g

17.9g

1杯(300g)

249kcal

0.3g

53.7g

参照:文部科学省「食品成分データベース」https://fooddb.mext.go.jp/history.pl

 

上記のように、イカはカロリーは決して低くはないものの、たんぱく質が豊富に含まれています。
また、タウリンなどダイエット効果や健康効果が期待できる栄養素がたっぷり含まれていますので、積極的に摂取したい食材でもあります。

イカはダイエットに効果的!栄養素から確認!

イカに含まれるタウリンには血液をサラサラにしてくれる効果があります。
これによって血液循環が良くなるため、全身の代謝向上にも繋がるんです。
さらに、イカに含まれるたんぱく質は筋肉を維持してくれる効果が期待できます。

 

イカの1杯あたり(300g)の栄養成分

エネルギー

249kcal

水分

240.6g

たんぱく質

53.7g

炭水化物

0.3g

脂質

2.4g

タウリン

2.3g

参照:文部科学省「食品成分データベース」

https://fooddb.mext.go.jp/history.pl

イカに含まれているタウリンは血液をサラサラにしてくれる効能があります。
この効能によって血液循環が良くなるため、結果的に新陳代謝の向上に繋がるんです。
新陳代謝の向上は太りにくく痩せやすい身体作りにもなるため、ダイエットには最適。
さらに、イカにはたんぱく質も豊富に含まれているため、筋肉の維持する効果があります。
脂肪が減っても筋肉も一緒に減ってしまうとリバウンドしやすくなるので、ダイエットには欠かせない栄養素です。

イカに期待できる効果・効能まとめ

イカはタウリンという栄養素に豊富に含んでいます。
タウリンには血液循環を良くする効果があるため、新陳代謝を向上させるダイエット効果があります。
また、イカが含むたんぱく質には筋肉を維持する作用があり、太りにくく痩せやすい身体作りに繋がります。

 

イカの効果・効能

  • 血液をサラサラにする

  • 血液循環の改善

  • 新陳代謝の向上

  • 筋肉維持

 

イカにはコレステロールを低下させる働きのあるアミノ酸が多く含まれています。
そのため、コレステロール値の高い豚肉などと合わせると相性が良いですよ。

イカをダイエット中に食べるときの注意点

イカを食べるなら1日に100g程度を目安にしましょう。
タウリンは肝機能をサポートする効果があり、疲労回復に繋がるため、夕食に食べるのがおすすめです。
イカを食べ過ぎてしまうと痛風という関節を傷める病気になる可能性があるため、食べ過ぎには注意しましょう。

イカを1日に食べてよい量とは?

イカは1日に100g程度を目安に摂取しましょう。
バランス良い食事を心がけながらメニューを作成したいですね。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る