WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

デトックススープのレシピ!脂肪燃焼してダイエット効果アリの身体を整えるやり方

#デトックススープ #レシピ

miho.s.h.t.eno
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年12月14日更新

外食が続くとどうしても野菜が不足しがちで、ついつい食べ過ぎてしまったりしますよね。食事のバランスが崩れる上に、ストレスもプラスされると身体の調子が悪くなります。そんな方におすすめなのがデトックススープです。野菜を中心とした材料のため便秘解消にもつながり、ヘルシーでダイエットにも効果があります。そこで今回は簡単に作れるデトックススープの作り方とダイエットに効く正しい摂取方法をご紹介します。

ダイエット効果あり?デトックススープとは

デトックススープとは、簡単に言うと身体にたまった老廃物を体外に排出し、体内機能を正常にしてくれるスープになります。人間の体内には過度な食事をしたり、仕事でストレスを抱えることにより、さまざまな老廃物や毒素がたまります。このように老廃物や毒素がたまった状態が続くと、いざ健康的な食事をしても必要な栄養素が吸収されず、体調がすぐれない日々が続いてしまいます。

そんなストレスを抱えることがごく当たり前のようになった今、デトックススープが体内環境を整え、代謝も改善してくれます。代謝が上がればその分ダイエットにも効果があるので、デトックススープは特に女性に嬉しい食事ではないでしょうか。

デトックススープの正しい摂取方法

デトックススープを飲むタイミングとしては、朝か夜に取り入れるのがおすすめです。

朝は温かいスープを体内に取り入れることで体温が上がり代謝を上げることができます。朝のエネルギーはしっかり消費されますので、お肉や卵などのたんぱく質が含まれる目玉焼きやささみのサラダと一緒に食べたり、スープの途中でご飯を入れて雑炊やリゾットのようにして食べることでほどよく炭水化物も摂取できます。ごはんをスープに入れることで、少量でもお腹が膨れ、満足感のある朝食になります。

夜に取り入れる際は、カロリーを抑えつつ、野菜やきのこなどをたっぷり使ったヘルシーな食事と一緒にデトックススープを摂るのがおすすめです。
お肉、魚などのメインのたんぱく質は、焼かずに蒸したり煮たりする調理法にすることでカロリーオフにつながります。

デトックススープだけを毎食摂ればさらに効果的と思う方もいるかもしれませんが、それはNG!毎食スープだけではエネルギーの不足につながり、脂肪が燃焼しにくい体になってしまう可能性があります。夜だけデトックススープを長期間続ける、1週間だけ毎食デトックススープにするといった無理のない範囲で続けて下さい。

作り方(調理時間25分)

トマト缶を使って煮込むだけで簡単に作れるデトックススープのレシピをご紹介します。じっくり煮込むことで、野菜本来の甘みをしっかり感じることができます。その分余計な調味料は必要ありません。蒸し豆を入れることで、良質なたんぱく質も一緒に摂取できちゃう一品です。それでは、詳しい作り方を見ていきましょう。

材料(2~3人分)

  • トマト缶 1缶
  • 玉ねぎ 1/2個
  • キャベツ 1/4玉
  • 人参 1/2本
  • エリンギ 2本
  • 水煮大豆 1袋
  • 水 200ml
  • コンソメ 小さじ1
  • ブラックペッパー少々
  • ドライパセリ 少々

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

  • miho.s.h.t.eno

    はじめまして(^^)フリーランスで管理栄養士をしています。栄養バランスを考えた時短や節約レシピなどが...

    フォローする