WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

《シリコンラップ》ダイソーVSキャンドゥ使い比べ!繰り返し使える便利活用術3選

#シリコンラップ #ダイソー

できち
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年10月27日更新

繰り返し使えてエコと話題のシリコンラップですが、実はラップとしてなだけでなく、他にもオープナーなど意外な使い方ができる優れものなんです。さらに同じ地球に優しいラップである「蜜蝋ラップ」と違い、レンジ加熱ができるのも大きな利点。今回は、100均の「ダイソー」「キャンドゥ」のシリコンラップを比較しながら、シリコンラップの良い点・悪い点、使い方や活用術をご紹介します!

今回くらべるのはダイソーとキャンドゥのシリコンラップ

シリコンラップの比較として、
  • ダイソー
  • キャンドゥ
それぞれで2種類のサイズを購入してきました。
価格はダイソー、キャンドゥのどちらも1枚110円(税込)です。

左がダイソー、右がキャンドゥの製品です。

ダイソーのシリコンラップ

ダイソーでは2種類のシリコンラップが販売されていました!
 
  • 大サイズ(LL)……約20cm×20cm
  • 小サイズ……約16cm×16cm

大サイズは透明感があり、ぷるぷるした質感。小サイズは最近リニューアルしたようで、少し白っぽい半透明な素材でできています。
※店舗によってはリニューアル前の製品を置いてある可能性がありますので、購入時は事前に確認することをおすすめします。
なお、店舗によっては2枚入りのSサイズ(10cm×10cm)も販売されているようです。

ダイソーのシリコンラップ(大サイズ)。

キャンドゥのシリコンラップ

キャンドゥもダイソーと同じく2サイズ展開でした。大サイズはダイソーよりも少し大きめです。
 
  • 大サイズ……約22cm×22cm
  • 小サイズ……約16cm×16cm

ダイソーの大サイズのシリコンラップに比べると白っぽく、しっとりした手触りです。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • できち

    「家事で手を抜けるところはとことん抜く!」がモットーの1児の母です。もともとズボラなので、いかに簡...

    フォローする