WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

ミニマリストの厳選メイク道具!化粧品を選ぶポイントは?

#ミニマリスト #メイク

マリ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年9月9日更新

メイク道具って合うものがなかなか見つかりませんよね。
しかも高価で、合わなくても人に譲りにくいメイク道具は断捨離しにくいもの。少ない物で暮らしを楽しむ達人・ミニマリストの知恵を取り入れて、メイク道具を断捨離してみませんか?少ない道具でも満足いくメイクをするヒントをご紹介します。

メイク道具や化粧品を厳選するメリット

微妙な色合いや質感、肌への刺激など、合う・合わないが大きい化粧品。UVカットや保湿、オーガニックなど素材のことまで考えると、選ぶのがとても難しいアイテムです。
少ない物で豊かな暮らしを楽しむ達人であるミニマリストも、メイク道具や化粧品には頭を悩ませている方が多いです。ナチュラル派からしっかりメイクを楽しむ派まで千差万別。ですが、「適当に選ぶ」ということをしないのがミニマリストの共通点。メイク選びにも、少ない物で豊かに暮らす知恵がたくさん詰まっています。

「自分に合う」に向き合える

わずかな量の化粧品で、化粧を楽しむミニマリスト。そんな彼女たちは、自分の体の癖や似合うテイストをよく理解しています。
黄色味がかった色合いが似合うのか、それとも青みがかっている方が似合うのか。ナチュラルな薄いメイクがいいのか、ガッツリ濃いメイクが似合うのか。
テイストをコロコロ変えず、「これだ!」というものに絞るので、少ないメイクでもしっかり魅力を引き出すことができます。

化粧品のロスを減らせる

化粧品には使用期限があるのをご存知でしょうか。化粧品は未開封の状態で3年以内、開封したら半年以内を目安に使い切ることが推奨されています。使用期限をすぎた化粧品を使うと、繁殖した雑菌などにより肌トラブルの原因となります。

特にアイメイク用品には注意が必要。目元の薄い皮膚や目の粘膜のトラブルを避けるためにも、マスカラやリキッドアイライナーは開封から3ヶ月以内の使用が推奨されています。「1用途に1アイテム」のミニマムなメイクをしていても、期限内に使い切るのは難しいですが、多くの化粧品を使うよりは大幅にロスを減らせます。

メイク道具や化粧品に使うお金が減る

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • マリ

    カフェとランニングを愛するアラサー独女。炊飯器やトースターを断捨離し、ワンシーズン10着の服でやり...

    フォローする