WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

そのお風呂場のカビ予防は間違いかも!? カビを寄せ付けない正しい方法とは

#掃除 #お風呂 #カビ

miraclenakm
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年5月21日更新

お風呂場のカビは、頑固でしつこくて本当に厄介。健康面や清潔感の面から見ても、なるべくカビが発生する前に食い止めたいものです。

実は、間違ったカビ予防対策をとっている人って意外に多いんです。正しい対策をとらないと、逆にカビを増やすことにつながってしまうかも。

そこで今回は、お風呂場のカビを予防する正しい方法をご紹介します。「カビの予防対策が、全然効果が出なくて困っている」と悩んでいる方も、ぜひ参考にしてくださいね。

生命力が強く厄介な黒カビ

お風呂場に発生しがちな黒カビはクラドスポリウムという種類の菌。湿気が多い場所に繁殖して、アレルギーや喘息を引き起こす原因になるともいわれています。

見た目もいや~な黒カビを落とすために一生懸命こすると素材自体を傷つけてしまい、そこにカビの原因菌や雑菌が入り込んで……と悪循環になる可能性も。
また、一見きれいになったように見えても、奥深くまで伸びた根がそのままで、また元の状態に……なんてこともよくあります。

ですから、しっかりとお風呂場のカビを予防をして、カビを発生させないことが何よりも重要なんです。

カビ予防の間違い行為①~水でクールダウン

みなさん、お風呂場のクールダウンのためにシャワーで水をかけていませんか?実は、これは避けたほうがいいかもしれません。

お風呂場の温度を下げるという意味ではまるきり間違いではないのですが、水で冷やしてしまうと、お風呂場が乾きにくくなってしまいます。
つまり、カビの発生を抑えるのに重要な乾燥までに時間がかかってしまい、かえってカビが生えやすくなってしまうということ。

カビの予防には、カビが繁殖しにくい環境を1秒でも早く作ることが重要なのです!

正しくは全体を熱いお湯で流すだけ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • miraclenakm

    こんにちは。 みなさんの暮らしがちょっと楽しく♪ちょっと豊かになるヒントをお届けします☆

    フォローする