WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

毎日同じ掃除方法はNG!? フローリングをきれいに保つ3つのポイント

#掃除 #フローリング

mizu71072910
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年4月30日更新

ピカピカに掃除すると気分がよくなるフローリング。でも実は、フローリングは毎日同じ方法で掃除してしまうと、フローリング本来の美しさを損なってしまう可能性があるのです。この記事では、フローリングをキレイに保つ3つのポイントについて解説します。
インテリアの一部としても重要な役割を持っているフローリング。ピカピカにしておくと気分がいいですよね。
そんなフローリングですが、イマイチ掃除の仕方が分からず、なんとなくで毎日掃除してはいませんか? 実はその掃除方法、NGかもしれません!

この記事では、フローリングをキレイに保つ掃除のポイントについて解説していきます。

フローリングを「毎日同じ方法」で掃除するのはNG!

なんとなくフローリングを「毎日同じ方法でお手入れしている」という方もいるかと思います。

また、「フローリング=水拭きで掃除するもの」あるいは「フローリング=掃除機で掃除するもの」というイメージを持っていませんか? しかし、これらはフローリングにとってあまりいい掃除方法ではないんです。

特に水拭きは、やりすぎると床材そのものに悪影響を及ぼすことがあります。そのため「毎日頑張って水拭きしています!」という方こそ、お掃除方法を見直す必要があるといえるのです。

フローリング掃除で押さえておきたい3つのポイント

フローリングを掃除する上で大切なポイントとなるのが、以下の3点です。

1.  毎日の乾拭きでホコリや髪の毛を掃除する
2.  やりすぎ注意! 水拭きは週1回を目安に行う
3.  隅に溜まるゴミは掃除機で吸い取る


この3つのポイントについて、次から具体的に説明していきます。

1. 毎日の乾拭きでホコリや髪の毛を掃除する

フローリング掃除に取り組む上で、毎日実践したいのは「乾拭き」です。

フローリング専用の乾拭きシートや、毛の長いフロア用モップなどは、掃除機や箒などに比べて床材を傷付けません。これらのアイテムを活用してホコリや髪の毛を取り除いていきます。

乾拭きのポイントと注意点

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る