WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【1歳児の食事】必要な栄養はしっかりとれてる?献立表を考えてみよう

#子育て #食事

othello
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年4月17日更新

毎日1歳児の献立を考えるのは本当に大変な作業ですよね。今回は、1歳の子供に必要な栄養を紹介しながら、「今日は何を作ろう?」と悩まないための献立表作りをご提案します。メニューを考えることが負担になっていたら、ぜひ参考にしてください。

1歳児の毎日の食事…どんなものを食べさせてる?

子育て中のママに限らず、世の中の多くのママが「今日のご飯は何にしよう……」と毎日頭を悩ませているのではないでしょうか。

家族の健康を考えて、栄養バランスが偏らないように、大人も美味しく食べられて子供が食べやすいものを。来る日も来る日も献立を考えるのは本当に大変です。

今回は、1歳の子供も一緒に食べられるメニューをご紹介します。
「今日何にしよう?」と悩まないための献立表の作り方も取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1歳児には一日にどれくらいの栄養が必要?

献立表を作る前に、まずは1歳児にどれくらいの栄養が必要かを知っておきましょう。

1歳は離乳食完了期から幼児食へのステップアップの時期でもあり、多くの食材を食べられるようになります。

また、1歳半頃には多くの子供が卒乳をして、栄養を食事から摂るようになります。
この時期に好き嫌いせず、さまざまな食材を食べられるようにチャレンジさせてみましょう。

一回の食事に必要な栄養量を調べてみましたので、詳しく見ていきましょう。

炭水化物

体や脳のエネルギーのもととなる炭水化物は、主にご飯やパン、麺類など、主食と呼ばれるものに多く含まれています。
頭を働かせ、体を動かすために必要な栄養素です。

一度の食事に必要な量は以下のとおりです。

〇ご飯 80g(軟飯の場合90g)
〇食パン 8枚切り1枚
〇ロールパン 1個
〇うどん 1/2玉

※この量は中村美穂著『きちんとかんたん離乳食 (赤ちゃんとママ安心シリーズ) 』(赤ちゃんとママ社)を参考にしています。
 

たんぱく質

関連する他の記事

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る