WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

初めての刺繍ミシンの基礎知識とおすすめミシン

シンプルなハンカチやTシャツに刺繍したり、ハンドメイド作品にワンポイント刺繍をすることで、ワンランクアップさせてくれる刺繍ミシン。
そんな刺繍ミシンの基本的なことや、おすすめの刺繍ミシンをご紹介いたします!
#刺繍

melon7
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年8月5日更新

刺繍ミシンとは

入園入学などのネーム刺繍や、ワンポイント刺繍、また多色使いのキャラクター刺繍や、自分でデザインしたオリジナルの刺繍などができるミシンです。
細かな作業が苦手な方でも、根気がない方でも、誰もが刺繍ミシンを使うことでスピーディーに、きれいに刺繍することができます。
扱いが複雑そうに感じてしまいますが、初心者でもかんたんに使いこなせるように、各メーカーで工夫が凝らされています。

刺繍の種類について

ミシンの刺繍機能としては、大きく分けると「文字・模様」と「刺繍」の2種類があります。
「文字」はひらがな・カタカナ・アルファベット・数字・漢字など。
「模様」というのは、ジグザグぬいや、ライン状の飾りぬいなど。
「刺繍」というのは、多色使いのキャラクターやおしゃれなモチーフなどの手の込んだ刺繍のことです。

 

ふつうのミシンと違うの?

特別な機種をのぞいては、ふつうの直線縫いなどができるミシン本体に、「刺繍機」をセットすることで、刺繍までできるミシンになります。
つまり、刺繍をしないときはコンパクトな状態で、ふつうのミシンとして使えるのです。
メーカーや機種によって、もともとセットで販売されていたり、刺繍機とそれに対応するミシン本体を組み合わせたりします。
 

自分がデザインしたオリジナル刺繍はできるの?

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • melon7

    読むこと、書くこと、つくることが大好きな、A型の獅子座です。

    フォローする