WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

カフェ風キッチンの作り方をポイント別に詳しく解説

カフェのイメージ「可愛い」「ナチュラル」「癒し」…。そんな言葉を形にしてキッチンを作っていけば、お家の中に素敵なカフェが出来上がります。そこに“自分らしさ”をプラスすれば、どこにもない世界にひとつだけのカフェ風キッチンに!あなただけのカフェ風キッチン、作ってみませんか? #キッチン

さんたまる
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年11月8日更新

大きな面積を占める部位

カフェには、床や壁や天井に自然素材が使われていることが多いですよね。自然素材というのは、木、土、石、紙など人工的な材料を加えていないものです。それらは形を変えても、空気をきれいにしたり、湿度を調整したり、音や衝撃を緩和したり…と、私達に優しい働きをしてくれます。そして、その空間に居ると気持ちも穏やかになります。そんなことをイメージしながら、カフェの「土台」を作っていきましょう。

いまや標準的とも言える、無垢板の床材。自然木は断熱性、衝撃性、調湿性に優れています。足触りも気持ち良いので、ペットを飼っているお宅にも最適です。節のある板がより自然らしいと人気があります。自然木でも種類とカラーが豊富で、写真の色合いの板はカジュアルな中にシックな高級感が溢れています。
歴史的建造物の床によくこの板の張り方が成されていますね。ヘンリボーン(ニシンの骨という意味)という張り方です。どこか懐かしいこの張り方が最近また静かな人気です。床に深みと高級感を出すことが出来る張り方です。
テラコッタタイル。床用タイルの人気商品です。タイルでありながら、温かみを感じるのは素焼きであることでしょうか。吸水性があるので、水がかかることを前提としたキッチン床には適しています。滑りにくいのも◎です。ペットの足腰にも安心です。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ