WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ズボラ派必見!学校のプリント保管にオススメのボックスはどれ?

子供が毎日のように持ち帰る学校のプリント類、みなさんはどのように保管していますか?
たまりにたまって、ファイルからはみ出してごちゃごちゃになっていませんか?
今回は、ダイソー、キャンドゥ、無印良品で人気のボックスを比較しながら、ズボラで簡単な保管方法にたどり着きましたのでご覧ください。 #収納

y-kurashi
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年6月5日更新

すぐにたまっていく学校のプリント類

子供が持ち帰る学校のプリントたち。

我が家では、その都度クリアファイルにはさんで保管していましたが、とにかく毎日どんどん増えていくのでファイルがふくれあがり、ついにははみ出し、見た目も悪くて困っていました。

特に、兄弟の多いご家庭だと、さらに量が増え、誰のものか把握しきれずに、必要なときに必要なプリントが見当たらない!なんてお困りのお母さんも少なくないと思います。

実際に兄弟がいる我が家でも、ファイルに保管してあると誰のものか分かりづらく、さらに兄のプリントが弟のファイルに紛れ込んだり、とにかくごちゃごちゃになってしまうのが悩みでした。

プリント収納はワンアクションが楽ちん!

プリント収納はほぼ毎日のことなので、

・使いやすい場所に
・使いやすい箱の中に
・雑に、ドサッと
・ワンアクションで

これらをポイントに、とにかく楽に収納したい!と考え、下のボックスたちを比較して、どれが楽なプリント収納に適しているのか検証してみました。
 

左から、無印良品「ポリプロピレンファイルボックス」、キャンドゥ「プレーンボックス」、セリア「プレンティボックス」です。

どれも人気の三社のボックス。見た目はどれもシンプルで◎。

それでは、三種類のボックスを、ズボラなプリント収納という観点で見ていきましょう。

無印良品「ポリプロピレンファイルボックス」

たっぷりとした奥行きと、大容量のこちらのボックスは、プリント類だけではなく、形や大きさが定まらない絵や作品なども楽々収納できました。

しかし、プリントの枚数が少ない時は、このように底の方に入ってしまうので・・、

立てるために、結局ファイルを使うことになってしまい、残念ながらワンアクション収納とは言えません。

キャンドゥ「プレーンボックス」

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • y-kurashi

    日常をいかに楽しく楽にお安く、かつ素敵にできるか。 それが毎日の生活のテーマです。

    フォローする