WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

油性ワックスと水性塗料で古材風にペイント!

油性ワックスに水性塗料がはじかれることを利用して、古材風なペイントをします。
やすりでこするだけよりも、より自然な塗料のはがれ具合を演出できます。 #塗装 #ペイント

countrystyle.jp
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年5月7日更新

上の画像の杉の板を古材風にしたいと思います。
杉板は、ホームセンターで売っている野地板です。
まずは、油性ワックスと水性塗料を準備します。
油性ワックスはブライワックス、水性塗料はターナーのバターミルクペイントを使いましたが、ワックスが油性、塗料が水性なら、他のものでも構いません。

ワックス用にウエスを、塗料用にハケを用意します。
杉板の所々に油性ワックスを塗ります。
汚れが付きそうな部分を意識して、ワックスを塗る場所を決めましょう。

ワックスが塗れたら、その上から水性塗料を全体に塗ります。
水性塗料が乾いたら、ワックスの上の塗料をはがしていきます。
私は上の画像のようなものを使いましたが、マイナスドライバーのようなものでも構いません。
ワックスの上の水性塗料がぺりぺりっとめくれていきます。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • countrystyle.jp

    主に木材を使ったDIYを楽しんでいます。 アンティーク風な小物や木箱が多いです。

    フォローする