WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均・300均で買える!プチプラ加湿器の効果が侮れない

乾燥するこの時期、風邪やインフルエンザの予防にも加湿対策は欠かせませんよね。
今回は、100均、300均のプチプラで実践できる上に、インテリアとしても可愛い加湿器を厳選3点、使い方や効果など比較してご紹介していきます! #100均DIY #加湿器

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2019.2.6 / 作成:2019.2.6

袋を開けると、1枚のエッフェル塔柄がデザインされたペーパーが出てきます。

ペーパーの素材は、ポリエステル不織布。
サイズは横26cm、縦17cmです。

水を入れた容器にこのペーパーフィルターを入れておくことで、ペーパーが水を吸い上げ空気中に拡散させていき、その空間の加湿をするという仕組みです。

取替時期の目安は、袋の裏にある説明書によると、1ヶ月から1シーズンといったところのようです。

普通、こういったペーパーフィルタータイプの加湿器は1000円前後くらいはするものなのですが、たった100円(税抜)でそれだけ保つのなら、ちょっとお試ししてみてもいいですよね!

セリア『ナチュラル加湿フィルター』の使い方

1.安定する容器に水を入れる

ナチュラル加湿フィルターの使い方はとても簡単です。

まず、手持ちの適当な容器に水を入れます。

置いたときに倒れたりしない安定感のあるものがいいです。
また、エッフェル塔の柄が見えるようにしたい場合は、ガラスの透明な容器だとベストでしょう。

2.ペーパーを丸めて容器にin

次に、ペーパーを容器に入る形に丸めて入れます。

ポリエステル不織布というこの素材は、意外と硬さがあり、丸めてコップに収めようとしても反発してしまい、先のほうが開いた形になってしまいます。

その場合、適当に折り目を入れるなどして容器に入れればいいそうですが、今回はこの開いた形も可愛いなと思い、そのまま飾ってみました。

しばらくしてペーパーに触ってみると、しっとり濡れた感じがしていて、確実に水分を吸収していってます!

普段、乾燥を感じるときには、マスクなどで保湿することも多いのですが、このペーパー加湿器をそばに置いてみている間は、マスクをしていなくても大丈夫でした。

アロマオイルで芳香浴も楽しめる

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする