WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

片付けが苦手な方へオススメの資格5選!

片付けが苦手な方って多いですよね。私もその1人です。片付けに関するノウハウを得る為に色々調べていたら、片付けに関する資格が多数あるという事を知りました。それは、身近な一生物のスキルが得られる。さらに、自分の仕事にまで発展出来るかも知れない、という主婦にはとても魅力的なものでした。 #片付け #資格

ichiko115
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年1月23日更新

整理収納アドバイザーは、「ハウスキーピング協会」という団体が運営をしている検定で取得できる資格です。3級・2級・1級と分かれており、さらに1級の上位資格には整理収納コンサルタントというものもあるようです。

3級は試験のようなものはなく、講座を受講すれば資格を取得することが出来ます。自分の身の回りの片付けに役立つスキルなら3級でも充分に学べるでしょう。
2級も同じように、講座を受講すればその後ほぼ100%合格出来るような簡単なテストをして、資格取得することが可能です。また、通信講座もあります。こちらは3級よりも、整理整頓や収納について、より理論的に学ぶことが出来ます。
1級は、2級を取得した人ではないと試験を受けることが出来ません。2次試験まであり、2級までとは明らかに求められるレベルが違います。それもそのはず、整理収納アドバイザーとして活動できるのは、この1級からなのです。協会によれば、1級の検定では「整理収納のプロフェッショナル」として社会で活躍できるような知識が備わっているかの判定を行なっているとのことです。

すなわち、自分自身の生活に役立てるために学びたい方は3級・2級まで、片付けのプロとして仕事にしたい方は、1級まで必ず取得する必要があるようですね。

整理収納インストラクター

整理収納インストラクターは、「日本インストラクター協会」という、あらゆる分野の数多くの資格認定を扱っている団体が運営している資格認定試験です。協会HPには「収納に関する知識を活用し、自身が望む理想的な空間をつくりあげることができる人に与えられる認定」とあります。

インターネットで申込後、在宅受験が出来るので、子どもがいて家を空けれない方なども比較的取り組みやすいかと思います。資格取得後は、講師として活動が行える、とされています。

収納マイスター

収納マイスターは、「日本生活環境支援協会」が運営する資格検定です。基本的な収納法から依頼者の要望に合った整理・収納方法を的確に提案できる、収納の達人です。
また、受験方法はこちらもインターネットからの申し込みで、在宅受験となっております。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができる、とされています。

美しい暮らしの空間アドバイザー

美しい暮らしの空間アドバイザーは、「日本美しい暮らしの空間プロデュース協会」という団体が認定する資格です。「住まいの現状や相談者の思いを考慮した片付けを提案するスペシャリスト」とされています。
こちらの資格は、少し他の資格と変わっているところがあります。
まず、出願する際には自宅の写真を添付し、それが合格しなければ講座すら受講することが出来ないのです。無事合格し、講座を全て受講し終えたらその後試験があるのですが、なんとそれが家一軒を丸ごと片付ける実技試験なのです。その実技試験も合格した人だけが晴れて美しい暮らしの空間アドバイザーと名乗ることが出来るのです。
資格取得後も勉強会など、協会の手厚いサポートがあるようですし、かなり実践力がつきそうな資格ですね。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • ichiko115

    2人の息子の子育てに奮闘中です。多少手間がかかっても、ちょっと不格好でも、「自分でやってみる」こと...

    フォローする