WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

【ハロウィン】かぼちゃランタン

#ハロウィン #かぼちゃランタン

まじゃる
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年10月24日更新

ハロウィンといえば、かぼちゃランタン!
売り物を買うのもいいけれど自分なりの表情にできるのが楽しいと思いますよ!
<材料>
ハロウィン用かぼちゃ1
ティーライトキャンドル1~3

<道具>
ナイフ(包丁、果物ナイフ)
スプーン(アイスクリームスクープも便利)
サインペン

「ジャック・オー・ランタン」を作ってみましょう

ハロウィンの代名詞である「ジャック・オー・ランタン」を作ってみましょう。 今回はできるだけシンプルなものを作ってみます。道具も台所にある包丁やナイフ、スプーンのみでOK。 材料の調達に手がかかるかもしれませんが、作業自体は簡単です。 ハロウィン用のかぼちゃが手に入るのであれば、一度試してみませんか?

1.どんな顔にするか決める。ペンで下書きするのも可

ランタン用のかぼちゃは、すべての表面がきれいなわけではありません。 かぼちゃが手に入ったら、どこをくり抜くか、どんな顔にするかの見当をつけておきましょう。サインペンで下書きをしてみるのも良いと思います。

2.かぼちゃの種を掻き出すために、手の入る穴を開ける

まず、かぼちゃの中身(種とワタ)を掻き出すための穴を開ける作業です。 スプーンで掻き出すので、手を入れる大きさの穴にしましょう。 切り抜き穴の場所は、ヘタのある頭を切る流儀と、底に穴を開ける流儀がありますが、作業的には違いはありません。 頭側を切ると、当然切り込みが目につくことになりますが、安全です。底側に穴を開ければ、カットしたところが隠れて見栄えが良いですが、バランスを崩して転がることが無いように考えなければなりません。 今回は置くと少しバランスが悪いかぼちゃだったため、安全策で頭側を切り抜いています。

ナイフは水平でなく、斜めに入れると、元にはめる時に収まりが良いです。けっこう身が厚い(約5cmくらい)ので、深めに刺しては抜き、刺しては抜きを繰り返しながら、切り進みます。 ナイフを1周入れたら、ガバッと開けてみましょう。このように種とワタがついてきます。

中を見ると、こんな感じ。 次は、この中身を取り除きます。

weMallの最新入荷情報

webooのオンラインショップ

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • まじゃる

    座右の銘は「必要は発明の母」 DIYが当たり前のヨーロッパから、ハンドメイド好きの家内と共にレシピ...

    フォローする