WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

デコアートの基本【種類・用具】

デコ=デコレーション、装飾。

デコアートは、結構奥深いです。
今回は、デコアートを始めるにあたり絶対に覚えておきたいことをUPしたいと思います!!

この基本さえ分かれば、資格がなくてもデコは始められます!!
#アクセサリー #道具 #スワロフスキー

saya05
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年8月3日更新

①ストーンの種類

アクリルストーン

アクリルストーンとは何か?!

素材:プラスチック
メリット:安値、軽い
デメリット:表面が柔らかくキズや汚れがつきやすい、耐久性×、トップコートやリムーバーNG
 

アクリルストーンとスワロフスキー社製のクリスタライズを比較しています。

やはり、見ても分かる通り、輝きに関しては全く違います。
アクリルストーンはフラッシュを点けても反射しません。

200粒、88円の場合
値段:1粒0.44円(1粒売りはしていないと思います。グラム売りが多いです。)

大体、何粒とハッキリした数ではなく、200粒以上のように曖昧な記載が多いです。
200Pと書いてあることもあります。


私がデコを始めた当初は、アクリルストーンかスワロフスキー社製クリスタライズかの2種類しかありませんでした。

途中、高品質ガラスストーンという商品が出てきました。
お店によって名前は変わりますが、よりスワロフスキー社製クリスタライズに近い輝きのストーンが作られています。
しかし近いだけであり、現品を比べて見れば明らかに違います。

アクリルストーン<高品質ガラスストーン<スワロフスキー社製クリスタライズ
こんな感じです。


【高品質ガラスストーン】
画像にあるSS16のサイズで、50粒、99円。
1粒あたり1.98円ということになります。
 

スワロフスキー社製クリスタライズ

スワロフスキー社製クリスタライズとは何か?!

素材:ガラス
産地:オーストリアのスワロフスキー社
正式名:クリスタライズ

メリット:傷がつきにくい、輝きが凄い、耐久性〇、トップコートやリムーバーOK
デメリット:高額

袋に入っている状態ですが、これでも輝きは伝わるかと思います。反射してしまうので写真を撮る時は大変苦労します。

クリスタライズはガラス製というのもあるし、兎に角サイズが小さいのもあって、この小さい石が様々な形にカットされていて、その技術には脱帽です。

1895年にオーストリアのチロル州で創業したクリスタル・ガラス製造会社です。
ダニエル・スワロフスキーさんが創業者です。

正式名称はクリスタライズですが、ラインストーン・スワロフスキーやスワロ(スワロフスキーの略)と省略されたり呼び名は色々です。

私は基本クリスタライズしか使用しないので、スワロかストーンと呼んでいます。
※この記事では、クリスタライズかストーンと呼びます。

 

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ