WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

大人も子供も♪ハムオニオンのお総菜パンをつくろう

朝ご飯にもお昼ご飯でも、お腹を満たしてくれる総菜パン。今回は、ハムとオニオンにチーズをトッピングした総菜パンを紹介します。 #パン #レシピ

2018.7.5

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.7.5 / 作成:2018.7.4

お惣菜パンの魅力

大人も女性も好きな総菜パンの魅力は、おかずとパン(主食)が一度に食べられる事です。おかずが上にのっているものや、ウインナーパンのようにおかずを包んでいるもの、カレーパンのように揚げているものなどのバリエーションがあり、朝でも昼でも、夜食にでも食べられるパンです。

総菜パンの人気具材

総菜パンで人気のあるものといえば、コーンをマヨネーズで和えたものをのせた[「コーンマヨパン」ですよね。焼きたてのマヨネーズの香りが食欲をそそります。ウインナーをパン生地で巻き、ケチャップをかけている「ウインナーパン」も、人気ですよね。変わり種では、ちくわパンがあります。ちくわの穴にツナを詰めて、パン生地で焼いた「ちくわパン」。ちくわのむっちりとした食感とパン生地が以外にマッチして、はまる美味しさです。

ハムオニオンパンの作り方

材料 (5個分)
強力粉       250g
砂糖        25g
インスタント
  ドライイースト 小さじ1
塩         小さじ1
卵黄        1個分
水         140CC前後
バター       15g

ハム        5枚
玉ねぎ       1/2個
チーズ       適量

作り方の手順
●パン生地を作る
●ハムをのせて、成形する
●最終発酵が終わったら、玉ねぎをのせて、チーズがマヨネーズをかけて焼く

ハムオニオンパンの作り方

バター以外の材料をボールに入れて、混ぜ合わす。全体的に混ぜ合わせることが出来たら、台の上にだして捏ねていく。

材料を混ぜ合わせて、捏ねる

ボールから出した時。まだ捏ねられていない状態。

バターを加えて、更に捏ねていく

10分ほど捏ねていると、このような状態になるのでバターを混ぜ込んで、更に捏ねていく。はじめは、バターがなじみにくいですが、揉みこんでいくイメージでバターと生地を混ぜ合わせてください。

生地の出来上がり

生地が捏ねあがったら、キレイに丸める。綴じ目をしたにして、つるんとキレイな表面を上にする。表面が乾かないように、ラップをかけて温かい場所に50分ほど置く(一次発酵)

一次発酵の出来上がり

一次発酵の出来上がり。生地全体が大きく膨らんでいる状態。

生地を分割

5つに分割して、10分ほど休ませる(ベンチタイム)

伸ばして、のせて、丸める

10分くらい休ませた生地をハムより一回り大きく伸ばす。

伸ばした生地の上に、ハムをのせる。

ハムをのせた生地を端からクルクルと巻いていく。綴じ目は、しっかりと閉じる。

巻いた生地を折りたたんで成形

巻いた生地を半分に折る

スケッパーで切り離さないように、切れ目を入れる。

切った生地を開く

全部成形が出来たら、暖かい場所において2次発酵させる。

阿多田かい場所に30~40分ほど置いて、2次発酵をさせる。ふっくらとして、生地を指で押したら少し戻る感じになれば2次発酵終了。発酵が終わるまでに、オーブンをあらかじめ温めておく。
焼く時間は、190度で12分。
2次発酵が終わったパンの上に、薄切りにした玉ねぎをのせて、マヨネーズをかけるか、チーズをのせる。今回は、生の玉ねぎを使っていますので、焼き上がった時には、玉ねぎのシャキシャキをした食感が残っています。この食感が苦手な方は、のせる前に電子レンジで30秒から1分ほど加熱してからのせると、玉ねぎの主張がなくなります。
190度に温めておいたオーブンで13分焼いたら、出来上がり。このパンは、熱いうちに食べるのが美味しいので、焼きたてを食べられないのであれば、オーブントースターで温め直す事をおススメします。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • hayama8

    食べる事、作る事が好きな主婦です。特にパンが好きで、ほぼ毎日お昼ご飯は、パンです。