WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

簡単なのに美味しすぎ!「ふき味噌」の作り方と活用レシピ

フキノトウで作る「ふき味噌」をご存知ですか?聞いたことはあるけれど食べたことがない方も多いのでは?そのまま食べたり万能調味料として使ったりと用途はいろいろ。一度食べたら病みつきになる美味しさのふき味噌をぜひ味わってみてください。作り方は驚くほど簡単。美味しい食べ方も紹介していきます。 #ふき味噌 #レシピ

2018.5.22

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.22 / 作成:2018.5.18

春を先取りする山菜「フキノトウ」

出典 pixabay.com

雪解けを待たずに地中から顔を出すフキノトウ。生命力を感じさせる早春の山菜です。ツボミの部分をフキノトウと呼び、花が咲いたあとに地下茎から伸びてきた葉と葉柄(ようへい)を「フキ」と呼びます。

ツボミ、葉、柄(葉柄)と、全部食べられますが、調理法はそれぞれ違ってきます。ほろ苦い独特の風味が春の訪れを感じさせてくれるフキノトウは、一般的に天ぷらやふき味噌として食べられることが多く、ご飯にのせて食べれば食がすすみ思わずお代わりをしたくなるほどクセになります。

お酒好きな人にはお酒のあてとしても喜ばれますが、食べ方はそれだけではありません。いろいろな食材と相性がいいふき味噌は万能調味料としても幅広く活躍します。

ふき味噌の作り方と保存の仕方

出典 

味噌・砂糖・みりんなどを混ぜ合わせて作るふき味噌は、旬の時期が短いフキノトウを少しでも長く楽しみたいという思いから作られた保存食です。たくさんフキノトウが手に入ったら、ふき味噌にしてストックしておくのがおすすめ。いろいろな料理に使ってみましょう。
 

材料

ふき味噌はあくを抜かずにそのまま炒める方法と一度あくを抜いてから炒める方法があります。味噌と甘味で苦味のあるフキノトウを食べやすくはしていますが、苦味が苦手な方はひと手間加えてアクを抜いてから作るとより食べやすくなります。

【材料】
・フキノトウ…100g(8~10個)
・味噌…大さじ4
・みりん…大さじ4
・砂糖…小さじ1~お好みで

・サラダ油…大さじ1

あくを抜かずに簡単に調理する方法

ほろ苦い味が美味しさのアクセント。あくを抜かずに苦味を楽しみましょう。調理の仕方はとても簡単です。

フキノトウはあくが強いため刻んでいるそばから黒ずんでいきます。刻んだらすぐ炒めて手早く調理を行い変色するのをできるだけ防ぎましょう。きちんと下ごしらえを済ませておくとスムーズに調理が行えます。
 

下ごしらえ

1.フキノトウはよく洗ったら水分を拭き取ります。
自生のものは泥が付着しているので流水できれいに洗い流します。葉を広げて中の細かい泥やゴミも洗い落としてください。

2.味噌・みりん・砂糖を合わせて混ぜておきます。

3.フライパンまたは鍋と油を用意しておきます。

作り方

1.フキノトウの根元の硬い部分を切り落とし5mm角のみじん切りにしたら、温めておいたフライパンに油を熱し中火で炒めていきます。

2.1分ほど中火で炒めます。炒めることであくがある程度抜けます。

3.油が全体に回りしなっとしてきたら弱火にして、合わせておいた調味料を加え混ぜ合わせていきます。1~2分ほど練るように混ぜながら水分を飛ばします。焦げないように注意しましょう。味をみて砂糖が足りないようであれば、ここで追加してください。

4.水分が飛んでツヤがでてきたら完成です。

あくを抜いて調理する方法

苦味が苦手な方はあくを抜いて調理しましょう。材料と下ごしらえ、調理の手順は上記と同様に行います。

《あくの抜き方》
1.たっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら一つまみの塩を入れてフキノトウを1~2分茹でます。

2.茹で上がったフキノトウを水に浸けて流水で冷まし、そのまま水に10分ほどさらしてあくを抜きます。

3.10分経ったらフキノトウをザルに上げて水分を取ります。1個ずつ手でギュッと絞り水気をしっかり取り除きます。

4.5mm角のみじん切りにして上記と同じように調理していきます。

ふき味噌の保存方法と保存期間

清潔な密封容器に入れて冷蔵庫で約1週間ほど保存できます。すぐに食べない分はできあがったらすぐに冷蔵保存するほうが日持ちします。ですが、温かいまま冷蔵庫で冷やすと、庫内の温度を上げてしまい食品の鮮度を落としてしまいます。

早く冷えるように浅い容器やトレーなどに移して冷まし、完全に冷めてから清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
 

ふき味噌の美味しい食べ方

出典 

ふき味噌は熱々のご飯や豆腐にのせたり、そのままお酒のあてにもしますが、ふろふき大根やキュウリにつける味噌としても美味しくいただけます。また、イカの刺身と和える、パスタに絡めるなどといった食べ方もおすすめです。

しっかりとした味噌味は様々な食材に合うので、アイディアを広げてオリジナルレシピを考えてみるのもいいですね。
 

ふき味噌&クリームチーズ

出典 

クリームチーズの上にふき味噌をのせればワインにもピッタリですね。味噌とクリームチーズの意外な組み合わせですが、相性がいいということなので試してみてはいかがでしょう。キリっと冷えた冷酒にも合いそうです。

そら豆のふき味噌和え

出典 

そら豆とふき味噌を和えた小鉢は、お酒のあてやとりあえず一品というときにも簡単なのでおすすめです。マヨネーズもプラスしてコクを出し、ホクホクのそら豆に合うようにしています。4~6月が旬のそら豆とふき味噌で春の味を満喫しましょう。

ふきのとう味噌冷や奴

出典 

ふき味噌にクルミを入れて香ばしさを出しています。カリカリとした食感も楽しめる風味豊かなふき味噌は豆腐にのせるだけでなく、焼き魚に添えたり縦半分に切った竹輪にのせてみてみるのもいいですね。アイディア次第で料理の幅が広がります。

春キャベツと豚バラ肉のふきみそ炒め

出典 

春キャベツと豚バラを炒めたらあとはふき味噌を和えるだけ。とても簡単なのにしっかりとした味付けになるふき味噌はまさに万能調味料です。ほろ苦さも加わりしっかりと春の味を感じさせてくれます。お好みで七味唐辛子を振って辛味をプラスしてみるのもおすすめです。

蛸飯

出典 

炊き上がった蛸飯にふき味噌を加えてざっくりと混ぜ合わせていただきます。味噌とご飯の相性はとても良く、蛸とも味が絡んでいいアクセントになっています。蛸をホタルイカにしても美味しくいただけます。

春むすび

出典 

ふき味噌を入れて握ったおにぎりは行楽シーズンにもピッタリですね。甘い味噌の中に香るほろ苦さがおにぎりの具としてよく合います。表面にふき味噌を塗って焼きおにぎりにすると、また違った味わいを楽しめます。焼けたふき味噌の香ばしい香りがたまりません。

春の皿には苦味を盛れ

出典 pixabay.com

『春の皿には苦味を盛れ』という諺があります。春に苦味のある春の食材を食べると、冬に溜め込んだ脂肪や毒素などの老廃物が外に出て、身体を目覚めさせてくれるといった効果があるといわれています。体調が崩れやすい季節の変わり目に旬のものを食べて健康に過ごしましょうといった意味です。

春が旬の食材には苦味を持ったものが多く、フキノトウもその1つです。苦味にはポリフェノールやミネラルが豊富に含まれており、新陳代謝を活発にしてデトックス効果を高めてくれます。苦味成分を含んだ春野菜を美味しく食べて、新しい季節を迎えましょう。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 松本真由美

    レシピサイト『ペコリ』と『COOKPAD』に、「身近な食材で簡単にできる」をテーマにオリジナルレシピを掲...