WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

人気の自家製サルサソースの作り方とサルサソースを使った絶品レシピをご紹介

メキシコ料理で有名なタコスや、沖縄料理のタコライスに使われている「サルサソース」は、ピリッとした辛さとトマトの酸味が肉料理と相性がぴったりで、日本でもとても人気です。そんなサルサソースを市販に頼らず、ご家庭で簡単に作れるレシピをご紹介します。 #サルサ #レシピ

2018.3.5

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.5 / 作成:2018.3.4

【サルサソース基本レシピ】ピリッとした辛さがクセになる♪

メキシコ料理といえばタコスが日本でも有名ですが、タコスには角切りトマトのソースがかかっていますよね。
そのソースが正に「サルサソース」です。
ピリッとした辛さとトマトの酸味がタコスのひき肉と野菜にとてもよく合いますよね。

普段メキシコ料理をご家庭で作る方は少ないかもしれませんが、おもてなしの時や、いつもマンネリになってしまっている献立に何か新しい料理をプラスしたいときにサルサソースのレシピを覚えておくと非常に便利です。

 
サルサとは、メキシコで「ソース」と言う意味です。
例えば洋食で使われるソースにトマトソース、クリームソース、デミグラスソースと種類があるように、サルサにも種類があります。

その中でも日本で最もポピュラーな「サルサソース」がサルサ・メヒカーナです。

まずは、基本のサルサ・メヒカーナのレシピをご紹介します。

≪サルサレシピ≫材料(約4人分)

トマト 2個
にんにく 1片
たまねぎ 1/2個
ピーマン 1個
青唐辛子 1本
パクチー 1/2束
塩 小さじ1/2
レモン汁 大さじ1
この青唐辛子を使うことがサルサの辛さの秘訣です。
ただ、手に入らない場合もあるので、その場合はタバスコ小さじ1で代用できます。

≪サルサレシピ≫作り方

1.トマトは少し食感が残る程度の小さめの角切りに、たまねぎ、にんにく、パクチー。タネを取り除いたピーマンと青唐辛子、すべてみじん切りにします。

※玉ねぎの辛味が気になる方は水にさらしてください。
※にんにく、パクチー、青唐辛子は刺激が強いので、できる限り細かくみじん切りにしておきましょう。

2.すべてをボウルに入れ、レモン汁と塩を入れボウルの底からすくいあげるように全体を混ぜる。

3.タッパーなどの保存容器に入れ、冷蔵庫で2時間寝かせれば完成。
 
二時間寝かせることで、しっかりと味が馴染みます。
レモン汁の代わりにライムのしぼり汁を使うとより本格的になります。

こちらのレシピは塩を薄めにしてそのままで食べてもおいしいぐらいの味付けになっているので、お好みで塩加減を調節してください。

あとは料理にかけて食べると、本格メキシコ料理がご家庭で楽します。

他にもまだまだある◎人気のサルサソースレシピ

基本のサルサソースのほかに、手軽に作れるものや辛さ控えめのものなど、様々なサルサソースのレシピをご紹介します。

簡単サルサソース

出典 

野菜はトマト、たまねぎ、きゅうりを使用。
ケチャップとはちみつで甘めに仕上げ、酢でさっぱりとさせます。

タバスコや青唐辛子を使わず、味付けにケチャップを使用することで、子供でも食べられるサルサソースレシピです。
お子様はそのまま、大人はタバスコやレッドペッパーをあとから加えて辛く仕上げれば、家族全員で美味しく食べられます。

夏にぴったり簡単サルサソース

出典 

赤パプリカ、赤玉ねぎ、プチトマトで真っ赤に仕上げたサルサソースです。
オリーブオイルを入れることで、少し洋風な風味が付きます。
レモン果汁に加えて塩レモンの皮を入れると、レモンの香りが倍増してさわやかな味に!

とてもさっぱりとしているので、からあげなどの揚げ物にかけて食べると相性抜群です。

トマトと大葉のサルサ

出典 

パクチーがちょっと苦手だな…という方には、大葉を代用しましょう。
大葉の香りを楽しむために、ピーマンやニンニクは使わず、トマトと玉ねぎと大葉をみじん切りにして作ります。

辛さはお好みでタバスコを数滴入れましょう。
パクチーやニンニクが入っていない分、カレーパウダーをタバスコの代わりに使用してスパイスの香りをプラスするのも◎

サルサソースで作る絶品料理のレシピ

サルサで簡単冷製パスタ

出典 

赤と緑が色鮮やかなサルサソースは、メキシコ料理と言っても洋風の色をしていますよね。
じつは色だけでなく、パスタにかけてもとても相性が合うのです。

基本のサルサソースにはないオリーブオイルを加えることで、パスタソースに大変身。
カッペリーニなどの冷静で使う細いパスタを使えば、よりサルサソースの味を楽しめるのでおすすめです。

もっちり鶏むね肉の和風サルサソース和え

出典 

そぎ切りにした鶏むね肉に、塩コショウで下味をつけ、まんべんなく薄力粉をまぶします。
あとは鶏肉を妬いてサルサソースをかけるだけ。

そぎ切りにすることで、安い鶏むね肉を使用しても柔らかく仕上がりやすく、薄力粉をまぶしてから焼くことでもっちりとした食感になります。

海老とルッコラと卵の、ポケットサンド

出典 

四枚切りの食パンを半分に切り、ポケットになるように切り込みを入れれば、ピタさんどのような形のサンドイッチが作れます。
汁がたれてこないので、具をたくさん詰めても食べやすいのが嬉しいですね。

中の具にはバターで炒めたエビとルッコラにふわふわの卵、そしてサルサソースを使います。
エビのぷりぷり食感に、フワトロのスクランブルエッグ、そこに甘辛いサルサソースがアクセントとなり、贅沢なサンドイッチに。

【144Kcal】ウインナーのサルサ炒め♪

出典 

サルサソースが少し余っているとき、お弁当のおかずを手軽に作りたいときにはこのレシピがおすすめ。

サルサソースとウインナーの相性は抜群!
こちらのレシピでは、市販のサルサソースと玉ねぎで作られていますが、手作りの野菜たっぷりサルサソースを使えば、玉ねぎを切る手間不要です。

粉チーズを加えることで辛味がまろやかになり、お子様のお弁当に入れても喜ばれます。

春巻きの皮deメキシカンスティック♪

出典 

手作りのサルサソースはそのまま食べても十分においしいのが特徴なので、サルサソースを存分に味わいたい人にはこちらのレシピがおすすめ。

春巻きの皮でスライスチーズを巻き、フォークで両端を抑えて閉じたら、少しレンジで温めてからフライパンでこんがりと焼きます。

すると、サルサソースにピッタリなメキシカンスティックが完成!
おつまみに最適な一品です。

冬でも夏でも食べたいサルサソースでレパートリーを広げよう

メキシコ料理と言うとなぜか少し難しい料理に感じますが、サルサはお好みの野菜を刻んで調味料と和えるだけのとてもシンプルな料理です。

寒い冬に食べると体がポカポカし、食欲が落ちやすい暑い夏でもスパイシーな香りと味でたくさん食べられ、一年を通して食べたくなるサルサソースは、一度作るとまた作りたくなること間違いなしです。

是非、ご家庭でサルサソースを作り、料理のレパートリーを増やしてください。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...