更新:2018.2.12 作成:2018.2.11

【バルサミコ酢活用術レシピ】美味しく食べてエイジングケア♪

美肌効果や健康に欠かせないポリフェノールをたくさん含んだ「バルサミコ酢」は、毎日でも使いたい調味料です。なんとなくお洒落なイメージがありますが、普段の料理にもっと活用してバルサミコ酢を上手に取り入れたいですね。そこで今回は、美肌効果が期待できて、さらに美味しく食べられる普段使いのレシピを紹介していきます。
❤︎ お気に入り
目次
  1. バルサミコ酢活用術
  2. バルサミコ酢とは
  3. バルサミコ酢はエイジングケアに効果的
  4. バルサミコ酢を使った肉料理
  5. バルサミコ酢を使った野菜のレシピ
  6. バルサミコ酢を使った魚のレシピ
  7. おすすめバルサミコ酢
  8. バルサミコ酢を効果的に取りアンチエイジングを

バルサミコ酢活用術

肉料理のソースやサラダのドレッシングとして使われることの多い「バルサミコ酢」ですが、日本ではあまり定着しておらず、1~2度使って放置している方も多いのでは。

使わないなんてもったいない!「ポリフェノール」豊富で「アンチエイジング効果」のあるバルサミコ酢をもっと活用して美肌を目指しませんか?

アンチエイジングに効果的な食材を使って、毎日手軽にバルサミコ酢を取り入れられる、「肉・魚・野菜」のレシピや効能なども見ていきましょう。

バルサミコ酢とは

イタリアの特産バルサミコ酢の「バルサミコ」は「芳香がある」という意味。果実酢の一種で、ぶどうを圧搾し、果汁を煮詰めて木の樽に入れ長期間にわたって熟成させます。その過程の中で木の香りがぶどうに移り、独特の芳香をもつようになります。

バルサミコ酢はエイジングケアに効果的

赤ワインはポリフェノールが高いことは知られていますが、バルサミコ酢も赤ワインと同様、皮・種・果実全部使って熟成させているので、それに劣らずポフェノールの含有量がとても高い果実酢です。

ポリフェノールの主成分である「プロアントシアニジン」は、ぶどうの皮と種だけにある特別な成分で、特に強い抗酸化力をもっています。

プロアントシアニジンがもたらす効果は、シミ、ソバカス、シワを防いでくれる美肌効果や肌の老化予防。血液がサラサラになって動脈硬化を予防する。眼精疲労を防ぐなどさまざまです。

ポリフェノールに含まれる「抗酸化作用」エイジングケアに欠かせないもの、意識的に取ることが大切です。ワインが飲めない方は、バルサミコ酢を取るといいですね。

ですが、最近はバルサミコ酢は手軽にスーパーなどで買えるようになったものの、同時に模造品も多く出回るようになってきました。体にいいものを求めるなら、原料もちゃんとしたものを選ぶ必要があります。

バルサミコ酢は模造品に注意!

バルサミコ酢の原料はぶどうのみで作られています。

最近は、バルサミコ酢の色に近づけるために、着色料を用いたものも出回っています。
購入する際は、原材料が「葡萄果汁、葡萄酢」のみの表示で、「カラメル色素」など添加物が入っていないものを選んでください。

バルサミコ酢を使った肉料理

鶏肉とピーマンのバルサミコ酢鶏

バルサミコ酢デビューの方にもすんなり入れるメニューです。酢鶏の酢をバルサミコ酢に代えた簡単レシピ。まろやかな甘酢味でお子さまも喜んで食べてくれそうですね。

餃子の皮で簡単おつまみタコス

おもてなしやおつまみにも最適なフィンガーフードサイズのタコスです。味付けしたひき肉にヨーグルトとバルサミコ酢で和えたトマトをのせパクチーを飾っています。

美白効果のあるトマトとエイジングケア効果のあるヨーグルトを、バルサミコ酢と併せれば美肌効果アップ!手がこんだように見えて意外と簡単にできるのでおすすめです。

豚フィレ肉のソテー、バルサミコソース

醤油ベースのソースは少し甘めですが、マスタードの酸味とバルサミコ酢の酸味が甘みを調和してまろやかなソースに仕上げています。バルサミコ酢が豚肉の臭みや脂っぽさを消してサッパリと食べられます。

豚バラのバルサミコ酢煮

こちらはアンチエイジングに必要な成分がふんだんに入った、美肌効果抜群のレシピ。

ポリフェノールが含まれているバルサミコ酢と赤ワイン。強い抗酸化力でアンチエイジング効果をもたらすショウガとハチミツ生活習慣病予防を改善できるニンニクビタミンB¹を含む豚肉ももちろん美肌効果がありあます。

これらの材料で煮込めば、柔らかくてコクのあるお肉料理に仕上がります。下ごしらえをすれば、あとは放置してコトコト煮込むだけ。冷蔵庫で5~6日持つので作り置きしておきたい一品です。

スペアリブのバルサミコ煮込み

本格的な煮込み料理ですが、圧力鍋で簡単にホロホロ柔らかな絶品のスペアリブになります。
こちらも美肌効果に必要な材料で煮込んでいます。赤ワインと一緒に召し上がってポリフェノールを効果的に取ってみてはいかがでしょう。

圧力鍋用と普通の鍋で作る両方のレシピがあります。ぜひ参考になさってください。

バルサミコ酢を使った野菜のレシピ

干し椎茸のバルサミコ酢煮

干し椎茸をバルサミコ酢とスパイスでコトコト煮んでいます。甘酸っぱさとスパイスの香り、酸味が好きな方におすすめです。

スパイスもアンチエイジング効果のある食べ物です。スパイスにシナモンとナツメグを使用していますが、シナモンは特に高い抗酸化力が期待できます。干し椎茸に含まれるカリウムや食物繊維はダイエットにもおすすめです。

セロリ、くるみ、ゴルゴンゾーラの美肌サラダ

シャキシャキのセロリ、カリカリのくるみ、クリーミーなチーズ。3つの食感が楽しめる栄養豊富なサラダです。

ビタミン、ミネラルが豊富でデトックス効果の高いセロリと、抗酸化作用があるくるみアミノ酸豊富なチーズを合わせたサラダ、ドレッシングに使われているオリーブオイルは、抗酸化作用だけでなく、生活習慣病の予防効果も期待できます。
 

デリ風♪ナスとれんこんときのこの焼きサラダ

とろっとしたナスとシャキシャキのレンコンの歯触りが楽しいサラダです。火を使わず、トースターで焼いています。抗酸化力が含まれたトマト、オリーブ油、ナス。栄養豊富な野菜がたっぷり入った美肌と健康に嬉しいサラダです。

豆苗とカリカリベーコンのサラダ

カリカリベーコンとシャキシャキ野菜が美味しい栄養たっぷりのサラダです。「バルサミコ酢・オリーブ油・塩コショウ」を混ぜ合わせたドレッシングは他のサラダにも合います。

抗酸化作用が豊富で、ビタミンCやE、βカロテンがバランスよく含まれた、健康にも美容にも嬉しい豆苗を美味しいく食べられます。

アボカドとグレープフルーツのマスタードバルサミコマリネ

まったりアボカドとほんのり苦くて酸味のあるグレープフルーツがなんともいえない、爽やかなマリネです。ソースには粒マスタードを効かせています。

アンチエイジング効果のあるアボカド疲労回復、二日酔いに効くグレープフルーツ。体のあらゆる機能を高めてくれるバジルが入ったマリネは、体が疲れているときに効果的です。

バルサミコ酢を使った魚のレシピ

鯖の和風バルサミコ☆don

バルサミコ酢と和風の調味料を併せ蒲焼き風にしたどんぶりです。ツンとした酸味が甘辛ダレとなり、魚と相性抜群。野菜を多くしておかずとしても、鯖を鯵やサンマにしても美味しくいただけます。

鯖にもアンチエイジング効果があり、DHAも多く含まれていて栄養豊かな魚です。

ブリのバルサミコ照り焼き

タレにバルサミコ酢を使い、ハチミツで照りを出しています。

ブリにもDHAを始め、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果など、その他にもたくさんの栄養があります。皮と身の間に栄養がぎっしり詰まっているので、魚は皮ごと食べるのが基本!

皮をパリッと焼いて皮ごと召し上がってくださいね。
 

おすすめバルサミコ酢

原産国イタリア。無添加。有機ぶどうから作られたバルサミコ酢です。お値段も手ごろでおすすめ。アイスクリームやイチゴにかけて食べると、風味が一層増します。

バルサミコ酢を効果的に取りアンチエイジングを

本文で述べてきたように、バルサミコ酢には抗酸化作用があり、エイジングケアの効果があります。これは意識的に取っていかないと、年齢と共に失われていきます。

だからといって、酢は胃酸を傷つける可能性があるので、大量に取らないようにしましょう。一日におよそ15~30㏄が目安です。就寝前に原液を飲むのも、歯の表面のエナメル質を傷つけたりするのでおすすめできません。

食事として、適量を取りいつまでも若々しい肌を保ちましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • 松本真由美

    レシピサイト『ペコリ』と『COOKPAD』に、「身近な食材で簡単にできる」をテーマにオリジナルレシピを掲...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!