快適なリビングの作り方とインテリアコーディネート術

リビングを快適に使えていますか?今回は、ミニマルな暮らしにも最適なシンプルで掃除もしやすい。快適なリビングの作り方と、スッキリまとめるインテリアコーディネート術をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.10.8 作成:2017.10.8

目次
  1. インテリアを見直してシンプルで快適なリビングをつくろう!
  2. リビングのインテリアに何もない部屋の作り方
  3. リビングのインテリアを配置した例
  4. リビングのモノトーンインテリア例
  5. リビングのインテリアコーディネート例
  6. オススメのリビングインテリア
  7. まとめ

インテリアを見直してシンプルで快適なリビングをつくろう!

「リビング」は、お家の中のくつろぎスペースなので快適さを追求したいものですね。

しかし、家族が集まる場所でもありますので、ごちゃっとなりがち。掃除が大変。リビングが狭くて使いにくい。といった事も。

そこで今回は、インテリアやアイテム数などを見直しながら、シンプルに快適に過ごせるリビングの作り方やインテリアのコーディネート術などをご紹介します。

リビングのインテリアに何もない部屋の作り方

STEP1:断捨離

まずは、断捨離。リビングにある全てのアイテムを見直し、「物を最小限に減らす」ことからスタートしましょう。モノが多いと、それだけ限られた空間場所を圧迫しますし、管理も掃除も大変です。

この工程は大変ですが、「快適さ」を得るためには、とても重要ですのでこれは必要!というモノだけを残し、他は処分するか売って物を減らしましょう。

「どうしても迷う。」というモノは一旦まとめておき、無い状態で生活をしてみて、もう一度必要か否かを検討すると良いでしょう。

STEP2:ライフスタイルに合わせて更に物を厳選

リビングは、家族全員がくつろぐ場所でもあり、それぞれのライフスタイルに合わせた使い方がありますので、それぞれが「快適に過ごすために、リビングで必要となる最低限のモノ」を厳選し、「どんな使い方をしたいか」を明確にイメージしておきましょう。

そしてリビングで、必要ないものは各部屋や収納場所に移動させることで、更に残すアイテムを絞り込む事ができます。

物の厳選が終わったら、使う場所や収納家具に応じて分類・整理整頓を行い、床や壁なども一旦綺麗に掃除しておきましょう。

STEP3:家具・インテリアを見直す

次に、家具やインテリアを見直しましょう。出来る限り最小限の数でコンパクトにまとめ、動線をしっかり確保。床面を広々と使えるように意識することが大切です。

物が減れば必然的に必要な収納家具・収納グッズなども減りますので、余分な数を減らしておきましょう。

同時に、ごちゃっとした印象を無くすために過剰なインテリアがあれば厳選し、ソファー、椅子、テーブルなどの家具類もサイズ感は合っているか、無駄に数が多くないか。といった部分をチェックし、必要があれば処分や買い替えも検討しましょう。

STEP4:厳選したものをレイアウト・収納して仕上げる

リビングに置きたい物・家具・インテリアを厳選し終わったら、動線を意識しながらスッキリみえるようにレイアウトと収納を行い、最低限のインテリアで仕上げていきましょう。

物を減らすだけでも、床や壁がスッキリして適度な「ゆとり」が生まれますし、掃除もしやすい快適でミニマムなリビングリビングに仕上がります。

そして、出来るだけテイスト、色に統一感を持たせることで、更にまとまり感が出ますよ。

ザックリとした作り方と流れはこのような感じです。他にも押さえておきたいポイントなどがありますので、続いてレイアウトやコーディネート例とともにご紹介していきます。

リビングのインテリアを配置した例

ワンルームなど狭いリビングではソファー無しでもOK!

ワンルームや1Kなどの狭い空間では設置できる家具も限られてきますので、あえてソファーを置かずに、座り心地の良い大きめのクッションを使う。というのもオススメです。

そして、このように最小限の数との家具・家電・インテリアも、テイストと色を合わせた上で、コンパクトにまとまるような配置をすれば、よりミニマムな印象になりスッキリ見せる事ができます♪

拘りを感じる最小限の家具とインテリアでまとめる

家具やインテリアを厳選する際は、数が少ない分このように1点ずつの「デザイン」に拘り感を出すと、シンプルなだけでなく、お洒落な印象もしっかりキープする事ができますね♡

また、スポットライト、観葉植物、テレビ奥の壁紙も、全て主張しすぎず適度な存在感と、程よいアクセントになっており、参考にしておきたいポイントです!

ラグを1点投入してアクセントにする。

シンプルなインテリアと、全体的に柔らかい雰囲気のナチュラルカラーでまとめられた素敵なリビングです。

インテリアコーディネートで簡単にアクセントをプラスしたい時は、やはり「ラグ」がオススメです♡アクセントカラーとして色や柄を取り入れてもいいですし、ナチュラル感を出したい時は、このように、無地や落ち着いた色味を選んで馴染ませつつメリハリをつける感じも素敵です。

更に、夏なら麻素材や寒色系。冬ならボリューム感のある素材や暖色系といった違いで「季節感」も演出できるのも大きな魅力です♪

テレビなどは布で隠し広く、スッキリ見せる。

こちらは、先程までの例と違いアイテム数は増えていますが、テレビやソファーなどには、お部屋の基調となるホワイト系の明るい色の布がかけられているので、統一感が出てスッキリみえますね♪

そして、小物類もカゴにまとめて壁面の棚で収納することで、床面が広く使われている。という点も参考にしておきたいポイントです♪

リビングのモノトーンインテリア例

ホワイト×グレーを基調にスッキリまとめる

ミニマルなお部屋では、木の風合いを基調としたナチュラル系や北欧テイストも人気ですが、更に無機質な雰囲気や、シンプルさを強調したい場合はモノトーンで統一するのも素敵ですね!

こちらは、ホワイトとグレーを基調としてまとめられていますので、素材やカタチの異なるクッションを多く置いてももこんなにスッキリみせる事ができます♡

配色が苦手だな。と感じる方もモノトーンなら簡単ですし、逆に1点アクセントカラーを入れると映えますのでコーディネートも楽になるとおもいますよ♪

重厚感を出したい時は黒×ダークトーンを効果的に取り入れる

モダンな雰囲気や「重厚感」を与えたい時には、ブラックやダークトーンのアイテムがマスト!

インテリアや家具で取り入れる際のポイントとしては、ブラックやダークトーンは圧迫感もあるので、背が低めのアイテムで揃えると圧迫感が軽減され、どっしりとした安定感を得ることが出来ます。

また、お部屋が暗くなりがちなので、大きめの「鏡」をプラスすれば、光が入りお部屋を明るくみせる事もできますし、写り込みの効果で部屋を広く感じられますよ♡

 

ホワイトを基調とした開放感のあるインテリア

こちらは、ホワイトを基調とし、アイテム数も最小限におさえてあるので、お部屋も広くみえ、開放感も出てとっても素敵ですね!狭いリビングにもオススメです♡

ホワイトを基調とする際のポイントですが、全て明るい色だけ。となると、リラックスしたいリビングが逆に落ち着かない。といった印象になりがちですので、このように程よくブラウンやブラックなどの濃い色で引き締めるとバランス良く仕上げる事ができます♪

リビングのインテリアコーディネート例

6畳

家具の見直しと壁面を活用して床の面積を確保する

こちらは、テレビやディスプレイ棚を壁掛けにし、収納家具もスリムタイプのラックにすることで、壁面を上手に使ってある上に、リビングテーブルを置かないことで、床面をしっかり確保されています。

6畳などの狭いリビングでもこのように、家具の見直しと壁面を活かす工夫で、快適さはグッと違ってきますね!

ダイニングテーブルがあれば、リビングテーブルは思い切ってサイドテーブルに切り替える。というのもオススメです♡
 

リビングとダイニングは繋げる

現在は「リビングダイニング」というカタチも多いですが、もしダイニングとリビングが別になっていて狭さを感じる場合は、思い切ってドアを外してみるのも手です♡

空間を1つに繋げることで、狭い印象のリビングから、開放感のあるリビングに簡単に生まれ変わります♪
 

アートを飾る

6畳のリビングとなると、なかなか重い通りの家具やインテリアを置けない事もありますし、スッキリはしたけれど、何だか物足りない。。といった感じになった場合には、パッと目を引くようなアートを飾りフォーカルポイントを設けると、テーマ性が生まれるので、一気にお洒落度がアップします♡

1点加えるだけでOKですので、是非とりいれてみてください♡

10畳

リビングテーブルを置かずゆとり感を。

10畳のリビングをよりゆったりと見せたい時は、あえてリビングテーブルをサイドテーブルに切り替え、お気に入りのラグを1点投入。

これだけで、「ゆとり」を感じる空間に仕上げる事ができます♡6畳のように狭さをカバーするのではなく、広さを強調する。という感じですね♪

統一感を持たせたディスプレイ

こちらはリビングテーブルが設置されていますが、スリムタイプなのでスッキリとした印象になっていますね♪

また、インテリアのディスプレイでは、壁・テーブルカウンターの上下・間仕切りスペースの中だけに収めつつ、ナチュラルなテイストで統一感を持たせてあるのでミニマル感がしっかりキープされているのも参考にしたいポイントとなっています♡

オススメのリビングインテリア

ソファーダイニングセット

10畳以下のリビング・ダイニングをコンパクトにしたい時の、最もオススメなアイテムがこの「ソファダイニングセット」です!

ダイニングテーブルとリビングテーブルを1つにまとめる事ができるので、広く快適な空間を確保することができますよ♪

2人掛けタイプもありますので、是非チェックされてみてください♡

無印良品の「体にフィットするソファー」

ソファーを置きたいけどスペース的に難しい。スペース的には置けるけれどスッキリ見せたい。でもソファーのようにくつろげる場所が欲しい。。。

そんな時にオススメなのが無印良品の「体にフィットするソファ」です!全身をあずけることが出来、抜群の心地良さを得ることが出来るのでソファーの代わりとしてじゅうぶんな機能がありますよ♡

設置するとこんな感じに♡

実際にリビング置くと、このような感じにスッキリとみせてくれます!これなら持ち運びも出来ますし、掃除も楽々ですね♡

本体サイズは通常サイズとミニサイズがあり、カバーの種類も豊富に揃っていますので、是非チェックされてみてください♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?物を減らしシンプルにまとめたり、インテリアにも一工夫するだけで、こんなにも快適で過ごしやすいリビングに生まれ変わらせる事ができますね!

シンプルなお部屋は動きやすい。掃除がしやすい。というだけでなく、気分までスッキリさせてくれますので、是非リビングをきっかけに他のお部屋もより快適に過ごせるコーディネートや工夫をプラスされてみてください♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事