WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ロープで編むハンモックの作り方!猫用ハンモックも簡単DIY♡

昔ながらのロープで編むタイプのハンモックの作り方のご紹介です。
人間用だけでなく、最近話題の猫用ハンモックも、自分で作ると簡単な上にコストも節約できておしゃれです♡ #ハンモック #編む

2017.8.22

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.8.22 / 作成:2017.8.22

手作りのハンモックで極上の癒やしを手に入れる!

アウトドアやリゾートなどで体験できることもあるハンモックでの極上の休息時間。
みなさんは経験されたことはあるでしょうか。

近年、グランピング(グラマラスなキャンピング)などと呼ばれる、従来の自然体験とはまた違った、ホテル並みの快適なサービスが受けられる新しい形態のキャンプスタイルの流行もあり、そのためか、ハンモックへの注目も高まっています。

身体全体が包まれる中で、ゆったり身を預けられる安心感は、一度体験すればやみつきになることも多く、リゾート地からおうちに帰ったあとも、またあの癒やしの時間を手に入れたい!という思いから、自宅にもハンモックを設置される方も。

そんなときに、役に立つのはやっぱりDIY!
自分で手作りすれば、おしゃれで自分好みのハンモックが手に入るし、何と言っても、意外と簡単に作れちゃうのが魅力です。
 
編集部からは、以前、ハンモックの中でも特に布製のハンモックに特化して作り方をご紹介いたしましたが、今回は、いよいよより包まれる感覚を味わえるネット式のハンモックの編み方、および、最近大人気になっている猫用ハンモックについてもお伝えしていきます!

ハンモックの作り方〈ネットタイプ〉

通気性抜群で快適度もアップ!

ハンモックの種類には、大きく分けると2つのタイプがあり、ブラジリアンハンモックとも呼ばれるクロス(布)タイプのものと、メキシカンハンモックとも呼ばれるネット(網)タイプのものに分かれます。
(実際にはもっと多くの種類がありますし、厳密に言うと、メキシカンハンモックはネットタイプの中でもかなり細かい網目のものを言うのですが、いずれも細かい違いになりますので、ここでは割愛させていただきます。)

ここで作り方をご説明するネットタイプの特徴ですが、まず、見た目から想像できるように、あみあみになっているので、通気性が抜群で、涼しげですよね!
また、ゆったり包みこまれてリラックスできる感じは、一枚布を使ったクロスタイプよりも上だと感じられる方もいらっしゃるようです。

そして、大人の体重も十分に支えられる耐久性を持たせるために、使われている紐は丈夫なもので、しっかり編み込まれていますね。
できあがりのサイズにもよりますが、こちらのように、お子さんと一緒にここで休まれても安心できる作りになっているといいですよね。

ネット式ハンモックの材料

このような、ごく一般的なあみあみの見た目のネット式ハンモックを作りたい、という場合、最低限必要な材料はたったの2種類です。

・木製の棒
・ネットにするための丈夫な紐

木製の棒は、ホームセンターなどで手に入る丸棒でOKです。
ホームセンターでは、希望の長さにカットしてもらえるサービスなどもありますので、購入するときに適切な長さにカットしてもらうと、手間もノコギリを購入する必要も省けて、特に初心者さんにはおすすめです。

ネットにするための丈夫な紐については、こちらもホームセンターで手に入るロープなどを利用するのがいいでしょう。
ロープについては、100均のナイロン製や綿製のロープを利用する方もいらっしゃるようです。

ネット式ハンモックの編み方

用意したロープを使い、早速ハンモックを編んでいきましょう。

編むといっても、昔ながらの格子状になったタイプのネットハンモックの作り方は、結ぶ作業の繰り返しになりますので、作業自体は単調でわかりやすいものです。何度か繰り返し結んでいくことで、すぐに作業には慣れることができるでしょう。

ただ、作業量はとてつもなく多いので、根を詰めてやったとしても、少なくとも半日から一日はかかるそうです。
ある程度の覚悟は必要なようですね。
 

ハンモックの作成 網の編み方 実演 -YouTube

実際にロープを結ぶ作業のやり方を、実演つき動画で詳しく解説されています。

こちらの動画では、1畳ほどの大きさのハンモックを作成されており、そのために必要になったロープの長さは、約180mほどだったそうです。
予め用意しておくロープの量の目安としてみてください。

実際に自作されている方がほぼ口を揃えておっしゃるのが、「作るとかなりたいへんだし、費用も意外とかかる。下手をすると、安い既製品を買ったほうが安上がりかもしれない。」といった内容です。

ただ、ハンモックを自力で作り上げたときの達成感はやっぱり何にも代えがたいもののようで、満足度もかなり高いんだとか・・・
本当にDIYが好きな方にこそ、ぜひおすすめしたいDIYとも言えます。

ネット式ハンモックを作成されている方たちのサイト紹介

動画でだいたいの流れをつかんだあとは、実際にハンモックを作られている方の記事を読んでみましょう。
作成するときにつまづきやすい点や、より自分にあったやり方などが見つかる場合もありますし、作成イメージをふくらませる意味でもおすすめです。

本格派の方に!メキシカンハンモックの作り方

ハンモック発祥の地とも言われるメキシコでポピュラーなメキシカンハンモックは、日本で昔からよく見られる格子状のネット式ハンモックに比べると、より細めの紐を使われて細かく編まれて作成されており、丈夫で通気性抜群なのはもちろんのこと、そのデザイン性の高さもあって、最近人気が出てきています。

メキシコはマヤ地方で伝統的に受け継がれてきた製法で作られており、細かな網目は、編むというより織るといったほうが適切なような作り方です。
腕のいいプロの職人さんでも、1つを作り上げるのに一週間はかかるのだそうですので、更に根気が必要になってきますが、これだけのものを作り上げるとなると、その喜びも大きそうです。

Weaving a Mayan Hammock -YouTube

メキシカンハンモック(マヤンハンモックとも)の作り方を、動画で解説されています。
英語での説明になりますが、手元がよく見えますので、作業の工程はわかりやすいかと思われます。
本格的なメキシカンハンモックのDIYに挑戦してみたい方は、ぜひ参考にしてみられてください。

チェアハンモックならもっと気軽に手作りできる

ハンモックのDIYには興味があるけれど、さすがに大人が中で寝られるようなサイズを編み上げるとなると、これまでご紹介してきたとおり、たいへんな手間と労力がかかるし、ちょっと躊躇してしまう、という方もいらっしゃいますよね。

小さめサイズで、でもちゃんとくつろげるものを作ってみたい!という方にぜひおすすめしたいのが、こちらのチェアハンモックです。

チェアハンモックは、最近自宅にハンモックを設置したいという方の間でとても人気が高く、話題になっているアイテムで、実際に設置するハードルも、普通のハンモックよりは低めになっていて導入しやすいです。

その上、椅子タイプであっても、ハンモックに包まれてリラックスできるくつろぎ感はやっぱり最上のもの!
このチェアハンモックも、簡単に手作りできますので、そのやり方をご紹介いたします。

DIY Macrame Seat for a Chair -YouTube

マクラメ編みの手法でハンモックチェアをDIYする方法について解説されています。
動画というよりも、静止画の組み合わせで説明されていますが、ハンモックチェアの作り方の骨組みについて理解するのにはわかりやすいですので、こちらをご紹介させていただきます。

実際の編み方については、こちらのやり方でなく、これまでご紹介した結ぶやり方で作られても問題ないかと思われます。

おしゃれなマクラメ編みで作られるか、簡単な結び方で作られるか、お好みで選んでみてくださいね。

DIY - DIY Hanging Chair - Home & Family -YouTube

こちらは、一枚布を使って作られる、ハンモックチェアの作り方動画です。
使う材料は、本体となる布と、それを吊り下げるためのロープと、丸棒です。
シンプルな構造なので、英語での説明になりますが、一度動画をご覧になっていただくと、簡単に真似できるかと思われます。

3分でハンモックを作る方法

お次は、ネットタイプのハンモックではなく、アウトドアなどで、簡単にハンモックを楽しむためのアイデアについて、面白い提案をされている方がいらっしゃいましたので、そちらをご紹介いたします。

Hammock Making in 3 minutes -YouTube

カーテンなどの大きな布とロープさえあれば、いつでもどこでも好きなようにハンモックを作ることができる、という解説動画です。
アウトドアなどで、簡易的にハンモックを楽しみたい、というときに、知っておくととても便利に使えそうなアイデアですよね!
動画の後半は使用例になっていますが、普通に大人が中で寝るのはもちろん、お子さんが入ってブランコのように使ってみたり、用途も幅広く遊べそうです。

人間だけじゃない!猫用ハンモックの作り方

ハンモックでゆらゆら揺られていたいのは、何も人間だけではありません。

ハンモックを実際にDIYされている方を探してみると、実は人間用よりも猫用のハンモックを手作りしている、という方のほうが大多数になっています。

猫用のハンモックは、サイズ感が手頃な上に設置も簡単で、気軽に取り組めるというのもいいですよね。

作り方は、基本的には人間用のミニサイズ版と思えば大丈夫なので、設置するスペースとの兼ね合いで大きさを決めて、ネットを編むなり布を縫うなりして作ればOKです。

手頃な柱などにロープで固定するだけで

猫用ハンモックは、人間用に比べると、耐荷重についてそこまで気をつけなくても大丈夫な点も嬉しいですよね。

構造もかなり簡単だから、こんな風に手頃な柱があれば、そこに結びつけるだけでOK。
ダイニングチェアの下部分に、4本脚を利用して設置する方もいらっしゃいます。

壁に、100均でも販売されているような、アイアンの棚受けを設置して、そこにハンモックを渡してキャットウォークの一部として作ってみるのも素敵ですよ。

まとめ

いかがでしたか。

自分で手作りするハンモックは、手間も時間もかかる分、より一層できあがったときの達成感も大きく、愛着のわく一品となりそうですね。

猫ちゃんのために作ってみるというのも、そこでくつろぐ猫ちゃんだけでなく、見ているこちらも癒やされそうで、とてもおすすめです。

ここに入ってまどろむ時間だけは、普段の忙しさも忘れて、心の底からのんびりできそうです。
ぜひみなさんも、ハンモックライフを楽しまれてみてくださいね!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。