ドリームキャッチャーを作ろう☆かわいいアイディア集

アメリカの先住民族インディアンのオジブワ族に伝わる装飾品のドリームキャッチャー 悪い夢が蜘蛛の巣の網にひっかかり、朝日が昇った時に焼払われ良い夢だけが残ると言われてます。今では、お部屋のデコレーションなどにも使われる様になったドリームキャッチャー素敵なアイディアと共にドリームキャッチャーを手作りしてみませんか。祈りをこめて!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2017年1月1日更新

ドリームキャッチャーについて

quote
ラコタの長の前にクモの姿をした“知の神”Iktomiが現れ、柳の枝でできた輪に蜘蛛の巣をを張りながら語った。

“人間は赤ん坊として始まり、子供時代を経て大人になり、やがて年老いて赤ん坊のように他者に世話をされる、こうして『人生の輪』は完結する。”

“しかし、その時々に、邪悪な力がその者を誤った方向に導こうとする。自然の調和や偉大なる神の教えに反する方向へと。”

Iktomiは蜘蛛の巣の中心に移動して、話を続けます。

”見なさい。この巣は完璧な輪だが、中央にに穴が空いている。”

“これを使って人々を導きなさい。偉大なる神を信ずれば、邪悪な考えは、この穴を通り過ぎていく、しかしよい考えはこの巣が受け止める。”

飾る場所について

ドリームキャッチャーを作ってみましょう

用意する物は、グルガン・ボンド・お好みの紐とリボンや布・ビーズや羽...素材を色々使ってドリームキャッチャを作ってみましょう!!
上の図は、基本のドリームキャッチャの編み方です。順序良くゆっくり編んでいけば綺麗に編めます。最後の中心部分にビーズをつけて完成です。

編み方

基本的の編み方です。沢山のレースのリボン羽をつけてレースで作った蝶がまた素敵ですね。

ドイリー(かぎ針編みレース)を使ったドリームキャッチャー

好きな布でフリンジを作ってみましょう。古くなった洋服を再利用出来そうですね。

寝室に沢山飾りたいですね。良い夢が見れる様に!!

配色がとても可愛らしいですね。春を感じてしまうドリームキャッチャですね。
季節によってお部屋のドリームキャッチャーも変えたら楽しそうですね。

片側は、ドイリーをそしてもう片方は、編み込むシンプルだけれど素敵ですね。

編み込みは、基本の編み方を好きな様にアレンジして!!下につけてる飾りの小物は、思いでの品ですかね?造花をつけてアレンジ!

刺繍枠の木製を使ってアンティークなレースの生地を挟んで余った部分はカット簡単に作れそうですね。

森へ出かけ枝や羽を探して!!自然の中は、アイディアの宝庫ですからね。

時間をかけて麻ひもを編み込んでいます。ボヘミヤンスタイルのお部屋に良いですね。

リースみたいなドリームキャッチャーですね。アレンジ出来そうですね。100斤の造花を使う場合は、造花をコーヒー染めするとアンティクーな感じもでますよ。

ワイヤーをハートのかたちにして可愛いですね。羽の部分は、新聞紙で作っている様ですね。

なんと!!輪っかの部分は、段ボールで作っています。段ボールは、固めの物を利用してください。輪っかに糸を巻き後は、基本の編み方ですね。糸を針に通し輪にバランス良く縫い付けます。その後編み込みましょう。

糸を丁寧にしっかり巻き付けていきます。

糸をバランス良く縫い付けます

このようにかたちを作ります。そしてまた順序良く編み込んで出来上がりです。

子供と一緒に作ろう!!

厚紙に穴を開け毛糸を通して紙皿でも出来るそうですよ。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • bagira

    物作り大好き服から家具までない物は、自分で作っちゃいましょう!!

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事