1169 VIEW

パワーストーンを身に着けて運気上昇。あなたと相性のいい石はどれ?

パワーストーンは何億年も前から育まれた自然がもたらす贈り物。それぞれの石には意味や効果があり、自分の願いにあった石を持つと運気が上昇したり、いい結果を招くと言われています。自分に合う石を見つけてパートナーとしていつも身につけておきませんか?選びかたのコツや石の効果をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月28日更新

目次
  1. パワーストーンとは?
  2. パワーストーンの種類と選び方
  3. 願いごとから選ぶパワーストーン
  4. パワーストーンをブレスレットで

パワーストーンとは?

昔から伝わる「魔よけ」としての意味合いのある石

昔の人は、魔よけとして天然石(パワーストーン)を身につけておりました。また、願いごとが叶うとして大事にされてきました。

しかし、石そのものにそのような神秘のパワーがあるわけではありません。

願いに当てはまる石を持つことによって、その人がもともと持っていた潜在能力を引き出し、良い結果に導いてくれる力になるのがパワーストーンだと言われています。

そしてパワーストーンの正確な定義はありませんが、水晶やダイアモンドなど特別な石全般を指して呼称しています。

効果は石によってさまざま

天然石には石によってそれぞれの特徴があり、意味や効果が異なります。

例えば、パワーストーンの代表格と言われる「水晶」は、非常に優れた浄化作用をもたらす石として有名です。

昔の童話などで魔女が水晶を覗いて予言するシーンをよくみかけますが、まさしく天然石のパワーを象徴している場面です。

水晶はすべてのものに対して調和を生み出し、強力なパワーを発揮できるよう導いてくれる石だそうです。

守護石と呼ばれるもの

人にはそれぞれ望むものや、悩み、苦悩、快楽は違うもの。天然石にはそれぞれ意味合いや効果があります。

太古の昔から人々は自分の願いに当てはまる石を持ち、それを守護石として身につけていた長い歴史があるのです。

パワーストーンの種類と選び方

誕生石で選ぶ

最初にパワーストーンを持ちたいと思ったときに、明確な望みや願いがあればそれに見合った石を選べばいいのですが、選び方に迷ったら、まずは自分の誕生石は何なのか見てみるのもいいでしょう。

誕生石リスト

1月:ガーネット
2月:アメジスト
3月:アクアマリン・ブラッドストーン
4月:水晶(クォーツ)
5月:エメラルド・翡翠(ひすい)
6月:ムーンストーン
7月:カーネリアン・ルビー
8月:サードオニクス・ベリドット
9月:サファイア・ラピスラズリ
10月:オパール・タイガーアイ・トルマリン
11月:シトリン・トパーズ
12月:ターコイズ・タンザナイト

誕生石は自分の守護石となり身につけておくと災いから守り、幸運を招き寄せてくれると言われています。

自分のバイブレーションを知っておこう

さらには、自分の基本的なバイブレーションから選ぶという方法もあります。

これは生年月日から計算して割り出すことができます。

例えば、

1990年12月27日生まれの場合、
1+9+9+0+1+2+2+7=31、
3+1=4
「4」が基本のバイブレーションとなります。

基本数とパワーストーンの関係

バイブレーションは9つの数字惑星とリンクしています。それぞれの惑星が支配するパワーストーンが、自分の基本的なバイブレーションを活性化するようです。

【1】は太陽 トパーズ、ジャスパー
【2】は月 ムーンストーン・オパール
【3】は木星 ターコイス(トルコ石)
【4】は天王星 ラピスラズリ・アクアマリン
【5】は水星 タイガーズアイ
【6】は金星 マラカイト・ローズクオーツ
【7】は海王星 アメジスト・翡翠・珊瑚
【8】は土星 オニキス
【9】は火星 カーネリアン・ルビー・ガーネット

リストには登場していない水晶は誰にでも合い、一緒に身につけると浄化と活性化に役立ちます。

自分の好みで選ぶ

上記で述べた誕生石はあくまで指針であって、必ずその石が自分に合うとは限りません。

人と人との出会いにインスピレーションがあるように、石との相性と言うのも大切です。

誕生石だからと言ってしっくり来ない石を持つより、自分が直感的に好きだと思える石を持つほうがいいのです。

また色彩によっても人は心理的に強い影響を受けるものです。好きな色の石から選ぶという選択肢も十分あります。

触れて感触を確かめる

石を手に持ったときに心地いいと感じる場合、その石との相性がいい可能性が高いようです。

店頭で購入する前に、できれば石を手に持ち、静かに目を閉じて感触を確認してみましょう。

同系色でまとめる

願い事が多いとそれぞれの効果を期待し、あれこれ欲しくなりますが、あまりまとまりのない色彩で選ぶより、同系色でまとめたほうが効果は期待できます。

なぜならば、同系色のパワーストーンは石の持つ意味や効果の共通点が多く、相乗効果が期待できるからです。

願いごとから選ぶパワーストーン

『恋愛運』で選ぶ

女性にとって関心の強いテーマのひとつは恋愛運です。

恋愛を成就させるベースとなるパワーストーンは、インカローズ、ローズクォーツ、カルセドニーがあげられます。

色彩も鮮やかで心弾むものが多いですね。

魅力を高めてくれる「インカローズ」

ばら色の人生の象徴というキーワードを持つインカローズは最も華やかでエネルギーをもつ石です。恋愛運だけではなく、女性の悩みである冷え性にも有効です。

愛と美の象徴「ローズクォーツ」

ローズクォーツは、幸せなエネルギーの循環のスタートラインに立たせてくれる石です。幸せの原点は自分の存在に自信を持つことから始まります。石を持つことで思考や行動を前向きにしてくれ、ネガティブな心をひとつずつ洗い流して美しい生き方ができるよう手助けしてくれます。

また穏やかで優しい性質も持った石でもあるので気持ちも癒されます。

縁つなぎの「カルセドニー」

とても穏やかなエネルギーを持ち、精神を優しく癒してくれる石です。

他の石との相性もよく、上手に他の石と組み合わせることによって、人間関係の縁を取り持つ手助けをしてくれ人との結びつきを強めてくれます。

またつらいときや気持ちを楽にしたいときに持つと効果があると言われています。

『金運』で選ぶ

金運アップは誰しも気になるところ。お金が循環すると世の中が活発になり景気がよくなります。パワーストーンにおいてエネルギーを高める効果のある石が金運アップに最適です。

エネルギーがキーワードのパワーストーンは、ルチルクォーツ、ガーデンクォーツ、シトリンです。

強いエネルギーをもつ「ルチルクォーツ」

とても強いエネルギーをもつことから、金運アップはもちろんのこと、危険を察知する感覚や判断力、マイナスエネルギーを防御する力のある石として心強いお守りになります。

安定力のある「ガーデンクォーツ」

金運上昇でおすすめの「ルチルクォーツ」は、エネルギーが強力すぎて苦手と言う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そんな方は開運の石としての「ガーデンクォーツ」がおすすめです。

金運アップはもちろん、開運や仕事運を象徴する石としても知られています。

商売繁盛の「シトリン」

柑橘類の「シトロン」の果実の色に似ていることから「シトリン」と名付けされ、太陽の象徴と呼ばれています。

シトリンが持つエネルギーはとても明るく、持つ人に満足感を与え、商売繁盛、金運を呼び込む石として定評があります。

『合格祈願』で選ぶ

合格というと、新たな門出です。新しい目標に向かうときに避けては通れないのが「受験」や「面接」です。

とはいっても、なかなか本番で自分の実力を発揮することは難しいもの。本来の力を出せるよう導いてくれる石を持つことが成功の鍵です。

お守りとなるパワーストーンは、アマゾナイト、アンバー、アラゴナイトです。

希望の石「アマゾナイト」

アマゾナイトは別名「ホープストーン」と呼ばれ、希望に満ちたエネルギーをもつ石。朝日を思わせるさわやかなエネルギーは、頭をスッキリさせ、思考の明晰性(めいせきせい)を高めてくれるので、物事に対してよい判断をするための手助けとなります。明るいエネルギーは合格祈願のみならず、ストレスをもった方にもいい影響を及ぼすと言われています。

ネガティブな意識をポジティブに変えてくれ、お日さまが差し込むように明るく精神面での柔軟性と強さを高めてくれます。

いつもの力を発揮できる「アンバー」

アンバーのもともとのルーツは木です。木は二酸化炭素を吸ってマイナスエネルギーを拭き取り、酸素を吐きプラスのエネルギーを循環させてくれます。

現実での緊張するさまざまな場面や肩の力が入りがちな場面において、緊張をときほぐし、リラックスさせ本来の力を発揮しやすいように導いてくれます。

そのため受験や勝負の願かけとしてだけでなく、出産のお守りとしてもおすすめの石です。

表現力を高める「アラゴナイト」

アラゴナイトは、持ち主の魅力や潜在能力を高めてくれ、存在感をアップさせてくれる石です。人脈の石とも言われており、人からの信頼や人気を高めてくれる効果があります。

面接時などにお守りとして身につけておくと、自分自身のアピール度を高めてくれます。

『人間関係』で選ぶ

社会生活に身を置いている以上、人間関係は避けては通れません。ここでキーワードとなるのはコミュニケーション。

人間関係を豊にするために有効な石は、アクアマリン、ラリマー、アラゴナイトです。

癒しの石「アクアマリン」

アクアマリンはその名の通り、水とのつながりがとても強い石です。よどみや滞りなどを水が洗い流してくれるように、エネルギーの浄化を行います。

エネルギーがきれいになることでイライラが解消され、心の余裕が生まれ気持ちがクリアになっていきます。

気持ちがクリアになると人の気持ちに対しても敏感で思いやりができ、癒しを与えられます。そのことから幸せな結婚を象徴する石とも言われているようです。

愛と平和を象徴する「ラリマー」

愛と平和を象徴するラリマーは、心の奥に隠された怒りや嫉妬などのマイナスな感情を鎮めてくれると言われています。

また、愛の感情をはぐくみ自分や他人も広く受け入れられるようになることから人間関係を豊かで深いものに導いてくれる石とも言われています。

水と空気の波動を放つとされるラリマーは、カリブ海の穏やかなやすらぎを与えてくれ、ポジティブな意識に変えてくれます。

『健康運』で選ぶ

最近疲れたと感じる、精神的にもストレスを抱えているなど現代人はさまざまなトラブルに囲まれています。

そんなときに優しく癒してくれ、ストレスを解消してくれる石をお守りとして持ってみましょう。

健康を維持するための石は、アベンチュリン、アンバーです。

森林を思わせる「アベンチュリン」

森林を思わせる癒しの石アベンチュリン。どの石と組み合わせてもうまくなじむ穏やかな石です。身体と心の毒素をきれいにする手助けをしてくれることから健康促進する石と言われています。

病気療養中の方や介護や子育て中の疲れた方などに最適で、森林の中で深呼吸をしているイメージを思い起こさせる森の結晶のような石です。

『開運』で選ぶ

もっと幸せになりたい。もっと豊かな生活がしたいとは誰しも思うこと。そのために自ら運を切り開き、幸運をつかみ取ることが必要です。

その手助けとなる石は、ラピスラズリ、アマゾナイトなど。

幸せを呼び寄せる「ラピスラズリ」

邪気を退けるパワーをもつラピスラズリ。外部からの邪気だけでなく、自分自身の心に潜む怒りや嫉妬などの邪気も退き、危険を回避する効果があるようです。

自分を正しい道に導き、結果、幸運を呼び寄せてくれるラピスラズリ。お守りとしてだけでなくよきパートナーとして身につけることをおすすめします。

パワーストーンをブレスレットで

左手につけると右脳に繋がる

一般的に、人間の気の流れは利き腕の逆から入るといわれています。また、人間の体は脳に対して逆側に働きます。左手は右脳につながり、右手は左脳につながるといった構造です。

パワーストーンは右脳的な要素が強いことから左手につけることでエネルギーの要素が直接右脳につながります。そのような観点から左手のほうがおすすめです。

最も簡単な浄化は「塩」

パワーストーンを購入したら身につける前に必ず浄化しましょう。たくさんの人の手に触れられた石は念がついていることがあります。一旦その石のエネルギーをクリーンな状態に戻します。

浄化する方法はいろいろあります。流水にさらしたり、太陽の光を直接あてて太陽の「気」を吸収させる方法はメジャーです。水晶スラスターの上に乗せておき、その石に停滞したマイナスエネルギーを吸収する浄化などもあります。

もっともシンプルなのは塩による浄化です。適当な濃度の塩水で洗い、洗ったあとは真水ですすぎ自然乾燥させましょう。

1週間は一緒に過ごして

新しい石を手に入れたときは、1週間から10日くらいは常に身につけておき、お風呂以外は一緒にいると効果を感じやすいそうです。もちろん寝るときもつけたままにしておきましょう。

一緒に過ごす時間が長いほどあなたとパワーストーンとの間のエネルギーラインが強くなります。

手放すときは

パワーストーンは地中の奥深くで何億年もかけて結晶化したとても貴重なものです。

もしさまざまな理由でパワーストーンを処分したい場合は、元の通り自然へと還してあげるのが1番です。決してゴミと一緒に捨てないでください。

土の中に埋める、川や海に流すといった方法があります。ただし、自然に還す前に浄化をしてから行いましょう。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事