ぽち袋は手作りが可愛くてお洒落♡みんなの簡単DIYアイデア集

お正月準備で、ポチ袋の用意はされていますか?
毎年新しく買わなくても、可愛く簡単に手作りできるアイデアがいっぱいあります。
身近にある折紙やペーパーナプキン、マスキングテープやスタンプを使って、もらった人が笑顔になる素敵なぽち袋を作ってみましょう♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年12月28日更新

目次
  1. ぽち袋を用意しよう
  2. 折り紙を折って作る
  3. デザインペーパー+マスキングテープ
  4. 消しゴムスタンプで
  5. 水引のアイデア
  6. マステでロゼット
  7. シーリングワックスで
  8. 布で作るぽち袋
  9. こんなものも!紙コップでぽち袋
  10. ぽち袋が余ったらこんなDIYも♡
  11. いかがでしたか

ぽち袋を用意しよう

そろそろお正月の準備に本腰が入る頃になってきました。
来年の干支、酉年デザインのぽち袋なども、可愛いもの、趣向を凝らしたものがお店にいっぱい並んでいますよね。
ちょっとしたものだけど、どうせあげるならもらった人の喜びがより増しそうな素敵なぽち袋で、と、思われる方も多いのではないでしょうか。

quote
えーとぽち袋がね…毎年余るから来年使おうと思って毎年どこにしまったか忘れるよね…そしてたまる
quote
干支のぽち袋とか可愛いんですが、余るので使えない。
ただ、よく聞こえてくるのが、この「ぽち袋余る」問題。
プチプラで可愛いから、つい何パターンか買い揃えてしまったり、干支デザインにしてしまうと次の年は使えなかったり、地味に困っちゃいます。

もったいないから、なるべく無駄が出ないようにしたいし、でも、できるだけ可愛いぽち袋を揃えておきたいし・・・

そんな時に役立つのが、"DIY"です!

可愛いぽち袋は手作りできます

困ったときに役に立つのは、やっぱり簡単手作りアイデア!
ぽち袋は基本的に袋物なので、構造はシンプル。封筒の体をなしていればよくて、特に決まったルールなども存在しないので、自分の発想で自由に作ることができちゃいます。
スタンプ技やマステ技など、工夫をこらすことで、その気になればオリジナルデザインを極めて、売り物のようなクォリティのものを作ることだって可能です。

折り紙で袋を作るだけでも

お洒落な折り紙やデザインペーパーがあれば、それを使って封筒を作れば、たったそれだけでも立派なぽち袋として使えます。
キレイなラッピングペーパーや、古雑誌の写真ページなどを再利用するのもいいですし、最近は100均でも面白いデザインのものが手に入るからいいですよね。
中には、和紙やペーパーナプキンなどをうまく利用される方もいらっしゃいます。
シンプルな形で作ると、お年玉だけでなく、普段の写真代のようなちょっとした小銭を入れてお渡しするのにも使いやすくて便利です。

100枚レターブック和もよう

上のようなシンプルなポチ袋を作る場合、何と言っても物を言うのはペーパー自体の持つデザイン性の高さです。
最近人気なのが、こちらの「100枚レターブック」。
1枚1枚異なったデザインで、切り離して使え、どれもハイクオリティーでただ眺めているだけでも癒されると評判です。
お年賀に大活躍しそうなこちらの「和もよう」の他にも、リサ・ラーソンなどの作家物、マスキングテープで有名なmtのデザインの本などもあり、どれも可愛くてオススメです。
ぽち袋以外のクラフトにも大活躍しますよ。

封筒の作り方は簡単

基本的な封筒の作り方は簡単です。
テンプレートにそって紙をカットして、貼り合わせるだけでOK!
テンプレートは、既製品の封筒を開いてそれを利用してもいいし、プラスチック製のものが販売もされています。また、自分で作るなら、型紙はネットなどでも簡単に探せます。

▼ぽち袋に使える封筒テンプレート無料ダウンロードはこちら▼
手作りポチ袋!封筒テンプレート

もらって嬉しいぽち袋を手作りしてみよう

InstagramなどのSNSを覗いてみると、みなさん、それぞれの個性を活かした可愛いぽち袋を手作りされています。
基本の封筒の形に、スタンプ技やマステ技を駆使してみたり、また封筒の形や素材自体を工夫してみたり。
ちょっとしたアイデアで、ぱっと華やぐぽち袋を作ることができます。
今回は、ぜひ参考にしてみたい素敵なアイデアを各種ピックアップしてご紹介いたします。

折り紙を折って作る

デザイン性の高い折り紙を使って、こんな折り鶴のついたぽち袋を折ることも可能です。
華やかな千代紙にあしらわれた、繊細な折り鶴の細工。もらった人はどんな構造になっているのかと驚くし、折り方の話題でも盛り上がれそうですよね。
来年の干支、酉年にちなんだデザインにもなっていて、ぜひ挑戦してみたいぽち袋です。


セリアのデザインペーパーが可愛い

100均にも、お正月に使える伝統的な和柄の折り紙などが豊富に揃っていますが、セリアのデザインペーパーにはこんなクスッと笑みがこぼれてしまうようなイラストのものもあります。
同じ和風を選ぶのでも、こんなユニークなもののほうがふさわしい場面もありますよね。
いろんなテイストのものがあるので、和に限らずお好みで選んでみると、個性を活かしたぽち袋が作れます。

男前デザインのポチ袋

あえてお正月らしくないデザインのペーパーを選んでみて、基本のたとう包みで作られたポチ袋です。
ちょっと年齢が上がってきたら、子どもっぽいデザインは避けて、こんなポチ袋でお年玉をあげるのも気が利いていていいですね。
もちろん、大人同士のやり取りで、普段使いに使うのにも重宝します。

折り方は多種多様

ぽち袋に使える折り方のアイデアは、シンプルなたとう包みなどから、折り鶴や、子どもの喜ぶ動物の顔などをあしらわれた手の込んだものまでいっぱいあります。
一見難しそうなものでも、コツを掴めば意外と簡単に折れるという方もいらっしゃいますので、気になる方はぜひ作ってみられてください。

▼折り紙で作るぽち袋アイデアまとめ記事はこちら▼
お年玉のぽち袋は折り紙で!簡単かわいいぽち袋DIYアイデア!

デザインペーパー+マスキングテープ

美味しそうなポチ袋♡
セリアのスイーツ柄のデザインペーパーで封筒を作り、マスキングテープとボタンシールでデコレーションされています。
どれもセリアで手に入り、簡単に作れちゃうのもい魅力的!
女の子にあげるぽち袋にぜひ使ってみたいデザインです。
お年玉だけでなく、ちょっとしたお菓子を入れてあげるのにもいいですね。

消しゴムスタンプで

最近またじわじわと人気の広がっている消しゴムスタンプを活用するのもいいですね!
興味はあるけど、不器用で上手に彫れないから・・・と、諦めている方は、もったいないですよ。消しゴムはんこの場合、ちょっと拙い雰囲気も、奥深い味わいが感じられて、もらった人に笑顔をもたらしてくれます。
消しゴムはんこの魅力は、一度作ればあとは押すだけという手軽さだけではなく、手作り感からにじみ出る温もりで、気持ちがよりダイレクトに伝わりそう、というところにもあります。

ひとりひとりの名前まで彫ってあげると、袋まで大切に取っておきたくなってしまいそうですね♡

多色刷りも♡

パーツごとに分けて彫れば、こんな多色刷りのぽち袋も作れちゃいます。
玉子がコロンと出てくるデザインも可愛くて真似してみたくなっちゃいますね♡

一見難しそうにも見える消しゴムはんこですが、はじめてさんでも取り組みやすいキットも販売されています。シンプルなデザインから彫ってみて、コツを掴めたらどんどんいろんなデザインに挑戦してみたくなりますよ。

▼消しゴムはんこの彫り方まとめ記事はこちら▼
意外と簡単!かわいい消しゴムはんこの彫り方まとめ

水引のアイデア

あるとぽち袋がグレードアップする

ペーパーで作ったミニ封筒だけでも十分可愛いですが、お年賀らしく、水引を使ってみるとちょっと特別感が出ていいですよね。
お正月くらい、日本の伝統に触れてみるのもいい機会です。

毛糸のリボンで暖かく♡

こんな風に毛糸を使ってちょっとリボン結びにしてみるだけでも、何だかほっこり感も伝わってきます。
あまりにも本格的すぎる水引を使ってしまうと、中身にも過度な期待をさせてしまいそうですが、これくらいなら、中身も可愛くても許されそう♡

刺繍の水引

quote
パール光沢のもみ紙にスピログラフ模様を刺繍してぽち袋を作りました。
紙に水引の模様を刺繍してみるのも素敵ですね。
ちょっとした手仕事を添えることで、シンプルなぽち袋に暖か味のある華やかさが加えられます。

着物のように

折り紙で着物の衿合わせのように折られたポチ袋に、こんな水引をあしらってみるのも可愛くていいですね♡
真ん中に付けられたパールビーズも女子力高めです。

基本の淡路結びのやり方を説明されている動画です。
ポチ袋で水引を使う場合、使う紐は何でも構いません。
思い思いの素材の紐を使って、可愛くあしらってみましょう。

マステでロゼット

これも可愛くて真似してみたくなるアイデアですね!
マスキングテープを使って作られたロゼットに、ひとつひとつ名前も入れてもらえたら、もらえた子どもの喜びも倍増しそうです。

▼マスキングテープを使ったロゼットの作り方はこちら▼
小物やお部屋を可愛く飾り付け♪マスキングテープを使った"ロゼット作り"をご紹介!

シーリングワックスで

中高生くらいのお姉さん向けには、こんなお洒落なデザインで作ってみると喜ばれそう。
クラフト紙で作られた袋に、レーシーなスタンプを押して、シーリングワックスでちょっと大人な雰囲気に。こちらのシーリングワックスは、よく見るとニコちゃんマークになっていて、そこも気がつくとより嬉しい気持ちになりそうですね。

布で作るぽち袋

布+毛糸で

お裁縫の心得がある方なら、余ったハギレと毛糸を使って、簡単な小袋を作ってしまうのも素敵です。
これなら、ぽち袋としての役目を終えた後も、小さなアクセサリーなどを入れておくのにも使えたり、便利ですよね。
すごく手が込んでるように見えるのに、慣れた方なら割りとすぐに作れてしまえそうなのも魅力的です。

ニットヤーンで

最近人気のニットヤーンを使って、ぽち袋を編んでみるとこんなにお洒落に!
ニットヤーンやTシャツヤーンは、いらないTシャツを切ることで調達もできるし、編むのに時間もかからないのがポイント高いです。
普段編み物をされる方、いかがでしょうか。

こんなものも!紙コップでぽち袋

こちらも面白いアイデアです!
何と紙コップを使って作られたぽち袋。マチがある状態なので、中にはお菓子やアクセサリーなどの小物を入れるのも可能です。
マスキングテープやダイソーの花モチーフなどを使いデコレーションされています。
簡単なのに、使い勝手もよさそうで、シンプルなデザインはどんな場面でも活躍しそうです。

▼詳しい作り方はこちら▼
ミニお祝儀袋風にラッピング★紙コップで

ぽち袋が余ったらこんなDIYも♡

お正月アドベントカレンダー

クリスマスでおなじみのアドベントカレンダー。
楽しみに待つその日までのカウントダウンができるので近頃人気になっていますが、せっかくなので、お正月にも活かしてみられているアイデアです。
ぽち袋に日付を一日ずつ入れて、中身にはコインチョコなどのプチギフト。
「もういくつ寝るとお正月♪」って口ずさみながら、楽しく年を越せそうですね。

いかがでしたか

身近にある折り紙や包装紙などを使っても、簡単にお洒落に作れるぽち袋。
みなさん、いろんなアイデアで、個性的なものをDIYされていましたね。
触発されるようなアイデアに出会ったら、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。
お正月だけでなく、普段にも使えるアイデアがいっぱいだから、覚えておくと、役に立つ場面がきっと出てきますよ。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事