956 VIEW

知覚過敏を治したい!3つの人気歯磨き粉もチェック!

冷たいものが歯にしみる、甘いものを口にするとズキン!と痛む、歯ブラシがあたっただけで飛び上がるほどの痛み…。虫歯と違って痛みが継続しないそれは、知覚過敏ではありませんか?そこで、そもそも知覚過敏とは?、その原因と予防、知覚過敏用歯磨きのオススメは?…についてご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月12日更新

知覚過敏とは

歯が傷んだりしみたりするのは、歯の中にも神経が通っているから。
その歯の神経をエナメル質が包み込んで、外からの刺激を伝えないように(=痛さが起こらないように)してくれています。
歯の表面のエナメル質と神経の間には、「象牙(ぞうげ)質」と呼ばれる柔らかい部分があり更に神経からガードしてくれているのですが、この象牙質がむき出しになっている状態が知覚過敏を引き起こす原因です。

なぜ象牙質がむき出しに?

エナメル質の内側の象牙質がむき出しになんかなるの!?エナメル質ってかたいんじゃないの?と思いますよね。
歯磨きの時に表面を強い力でこすり過ぎて歯のエナメル質が削り取られたり、歯の食いしばりにより歯に甚大な力が加わり、エナメル質が崩れ落ちてしまう可能性があるのです。
また、歯周病や加齢により歯ぐきが下がると、歯ぐきによってガードされていた象牙質がむき出しになってしまいます。

その状態で歯磨きなんてしようものなら、神経と薄紙一枚隔てただけのような象牙質を、直接ブラシで刺激しているのですから「痛っ!!」となってしまうのは納得です。

なんとかしたい!

日本人の3分の1もの人が経験していると言われている、知覚過敏。
1度治ればもうならないというものではありません。
次からは、原因を知り予防対策をしていきましょう。

原因①歯磨き

先程もお話したように、歯磨きの時に表面を強い力でこすり過ぎると、歯のエナメル質が削り取られてしまう可能性があります。
強い力でこする以外に

・歯磨きの回数が多い
・歯磨きの時間が長い
・歯ブラシの毛がかたい  …も原因となります。

こういった歯磨きは歯の表面を傷つけるだけでなく、傷ついた歯ぐきから細菌が入り歯周病となり、歯ぐきを下げてしまうことにも繋がります。
歯ブラシのかたさは「ふつう」、毛先が少しだけしなる位の力の入れ具合で十分ですので、ご自分の磨き方を改めてチェックしてみて下さい。

原因②歯の食いしばり

歯を食いしばることで知覚過敏になるなんて信じられませんが、これは紛れもない事実なのです。歯の食いしばりや歯ぎしりにより、歯の表面のエナメル質や歯の根元が削れてしまい象牙質がむき出しになるからです。
程度によっては就寝中にマウスピースで保護する場合があります。

原因③歯周病

歯周病になると歯と歯ぐきの境目が炎症を起こし、歯ぐきが下がってしまいます。
自分が歯周病かどうかは、やはり歯科医で診てもらうのが一番。
歯周病にも段階があり、放置しておくほど進んで行きます。
進行を止めることしか出来ない、なんていう段階まできたら厄介ですよ。
定期的に歯科医に行く習慣をつけてしまいましょう。

知覚過敏の予防法3つ

以下の3つの予防法と併せて、前述の“原因3つ”の逆を行えば予防になりますよ。

予防①ガム

キシリトールガムを噛みましょう。
ガムに含まれる成分によって予防になると言うよりも、ガムを噛むことで出てくる唾液が重要です(キシリトールガムは虫歯の原因にならない、口の中で酸を作り出さない為、おすすめです)。
唾液の中には歯の成分であるミネラルが沢山含まれており、食事の際に良く噛んだり、ガムを噛んだりして唾液を出してあげれば、歯から溶け出してしまったミネラルを補うことができるのです。

予防②フッ素を塗る

フッ素のジェルを就寝前に塗りましょう。歯の表面の歯の表面のミネラルと反応して結びつき、歯が強く・硬くなり、知覚過敏から守ってくれます。
また市販の歯磨き粉の殆どにフッ素が入っているのですが、あまり何度もゆすいでしまうとフッ素が流れてしまいます。軽く1~2回ブクブクして、口の中に歯磨き粉の味が少し残る位がベストです。

予防③知覚過敏用歯磨き粉を使う

歯の神経の周りにバリアを作り、しみたり傷んだりするのを防いでくれます。
研磨剤が入っていないので歯の表面を傷つける心配がなく、もともとの原因となる歯周病を予防する成分が入っているものも多いですね。
次の項目で、人気のある知覚過敏用歯磨き粉をいくつかご紹介します。

知覚過敏用 人気歯磨き粉の比較

歯科医おすすめの3点をご紹介します。

◆シュミテクト

硝酸カリウムの働きによって歯の神経の周りにイオンのバリアが作られ、歯がしみるのを防ぎます。それ以外に、

・歯周病予防
・歯を白くする
・虫歯予防
・口臭防止
・口中クリーン

にも特化し、特別に開発された商品です。

◆メルサージュ ヒスケア

2つの薬用成分「硝酸カリウム」と「乳酸アルミニウム」 を配合し、歯がしみるのをがっちりガードします。
知覚過敏対策のみならず、ステイン除去成分配合によるホワイトニング効果も得られ、爽快感あふれるソフトミントの香りにより「独特の味が合わない・長続きしない」といった声にも対応しています。

◆システマ ハグキプラス

「硝酸カリウム」と「乳酸アルミニウム」 を配合で“ダブルしみるブロック”!
しみる痛みを原因から予防します。
また、歯ぐきに効果的な「抗炎症」「殺菌作用」で、歯槽膿漏・歯肉炎・口臭も併せて予防出来ます。

まとめ

知覚過敏はしばらくすると痛みが消える場合があるので「いいや、痛みもなくなったし!よかった♪」と、歯医者に行かない方もいらっしゃいます。
でも知覚過敏の原因が歯周病だったら?自分では気づかない歯ぎしりや食いしばりだったら?
知覚過敏の痛みは消えても、最悪の場合、歯を失うことにもなりかねません。
平均寿命が伸び続けている今の時代、一生自分の歯で食べられるようにすすんでケアしていきましょう!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事