その根菜捨てないで!節約がおしゃれ?”リボベジ”ってなんだ!?

野菜の切れ端を再生させるリボベジ。
キッチンの片隅でも気軽にできるこの節約技を、最近とてもお洒落に実行している方々がたくさんいるんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年3月31日更新

野菜の端っこから葉が再生する♪

リボベジとは

「リボベジ」とはリボーンベジタブル。
つまり、料理でカットされ残ったヘタや根の部分などを利用し、もう一度再生させようというエコな試みです。

貧乏くさい?

いえいえ、ちょっと待ってください。
最近では、とってもお洒落にリボベジを楽しむ方々がたくさん増えているんですよ。

観葉植物のようにリボベジを楽しむ

カフェ風でお洒落♪

御覧ください。
節約テクの必死な感じからは程遠い、ゆるやかに自分のペースでエコな暮らしを楽しまれている様子が伝わってきませんか?
リボベジはこのように、エコなだけでなく、グリーンインテリアとしても可愛い、そしてあっという間に育つところから、育てる喜びも簡単に得ることもできるとあって、今とても人気になっています。

必要なのは容器とお水だけ

空き容器に再生したい野菜と水を入れておくだけ

容器は何でも構いません。
こまめに水を取り替える必要はありますが、育てる場所もキッチンの片隅で構いません。
いつでも思い立った時に気軽に始められるのがリボベジの魅力のひとつです。

葉っぱが可愛いにんじん

育てやすいにんじん

ヘタの部分を水に浸しておくだけで、葉っぱが出てきます。
リボベジ初心者の方にも失敗が少なくオススメの野菜です。

にょきにょき伸びる葉っぱが可愛い♡

リボベジで楽しいのは、やっぱりこのニョキニョキと育つ様子が日々楽しめること。
成長速度が意外と速かったりするから、昨日と違う今日の様子が見られるのが嬉しいですよね。
ここまで育てると、愛着が湧いちゃって、逆に食べづらくなってしまうという声も・・・
quote
ニンジンの葉っぱって可愛い
彩り用にちょこんと添えると見映えが良くなります。
お料理の一皿に、ちょこっと緑があると映えますよね。
にんじんの葉は形も可愛らしく、美味しそうに見せてくれる力があります。

うさぎのおやつにも♡

うさぎは今人気のペットにもなっていますよね。
にんじんと言えばやっぱりうさぎ。
こうして並んでいるのを見るだけでも幸せ度が上がる気が。

観葉植物としても素敵です♪

大根

大根もよく伸びます

ちょっと摘んで味噌汁の具にしたり、浅漬にしてみたり、守備範囲の広い大根も人気の再生野菜です。

にんじんと一緒に育てるのも可愛い♡

同じようにヘタから再生する野菜だから、一緒にお皿の中で育てるのもいいですよね。

花が咲くことも!

育てているうちに花が咲くことも。
ここまで育てることができると、リボベジにますますハマりそうです。

豆苗の再生も楽しい

豆苗は一パック買うと二度楽しめる

豆苗は、パックに再生方法が記載されていることも多く、試された方も多いのではないでしょうか。
発芽していなかった豆からの時間差の発芽が楽しめるので、一度食べ終わった後も同じくらいの量の豆苗が出てくるのが嬉しいです。

10日も経つとかなりニョキニョキ♡

思い思いの器で楽しむのも素敵♪

quote
手を繋ぎ合う豆苗。
再生野菜として育ててるけど、情が移って食べられなくなりました…
育てているうちに、思わぬドラマが生まれることもあります。
すごく癒やされてしまいますね。

大きな種から再生アボカド

アボカドの種を、球根のように

アボカドの種も観葉植物として再生可能!
種を取り出すときに包丁で傷つけてしまっていても再生するそうですので、ぜひ挑戦してみたいですね。

種が水没しないように

アボカドの種は、1/3ほどが水に浸かるようにします。
このように爪楊枝などで器に固定するといいですね。
3週間くらいで根が出てくるそうですよ。

ある程度育ったら、土に移したほうがいいみたい。
葉っぱが出てきたら土植えするタイミングだと思ったほうがよさそうです。
アボカドは本来大木ですので、成長とともに、大きな植木鉢に移し替えていくといいですよ。
実がつけられるほど成長したとしたら、すごく嬉しいでしょうね。

ねぎ

1日で2cm伸びる

ネギも水に漬けておくだけでグングン伸びる野菜です。
こうして調味料と一緒に並んでいる姿にも何だか癒やされてしまいます。

ガラス容器で並べてみても可愛い♡

違った種類の野菜を、ガラス容器で並べて育ててみるのも統一感が生まれて可愛いですね。

スタバ容器で育てちゃう気軽さも素敵♪

小松菜

小松菜もニョキニョキ

小松菜も再生するんですね!
根っこが元気だとやはり元気に伸びるみたい。

キャベツ

キャベツは永久機関

うまく育てれば、永久に再生するという方もいらして、キャベツも興味深いリボベジです。

芯からムクムクと伸びてくる♪

キャベツの芯を水に漬けておき、毎日水換え。どんな風に育つのかが楽しみですよね。

うまく育てればこんなキレイに葉が付きます。

こうなってくると嬉しいですね!
ここから更に土に植え替えると立派なキャベツになっていくそうなのですが、そこからはやはり美しく結球させたりするのが難しいみたいですね。
野菜栽培の楽しさにどんどんハマっていっちゃいますね!

こんなものまで!にんにく

にんにくでリボベジという発想はありませんでした!

たったの5日でこんなに伸びる!

伸びたにんにくの芽での料理が楽しみになりますね。

quote
片のすごく小さいところはそのままにしておいたら芽が出てきたので
空いている鉢にさしてみたところ…
こんなに伸びてきました!
ちょこっと余った片からでもこんなに再生するなんて驚きです!

楽しみ方いろいろ

顔を描いて楽しむ方も

伸びている緑も根っこもすごく愛おしく見えてきますね!
こけしと並んでいる姿もたまりません。

ガラス瓶で様々な種類を育てるのも可愛い

お友達と日光浴

天気のいい日には外で思い切り太陽の光を浴びさせるのもいいですね。
一緒に置かれたうり坊のマスコットがグリーンの可愛さを引き立てます。

quote
『崖っぷち部長、草むらを行く』
食べ物で遊んではいけないと思いつつも、ついついこんなイタズラをしてしまいたくなる気持ち、わかります・・・!
愛着が湧いているからこその遊びがどんどん楽しくなりますね。

リボベジガーデニング

フラワースタンドを使っての日光浴。
ガーデニングとして見ても、全く違和感のない可愛さです。
みなさんも、思い思いの器でお好きな場所で、リボベジを楽しまれてくださいね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事