更新:2017.2.23 作成:2016.2.23

こんなものまで冷凍できたの!?冷凍保存が可能な意外な食材まとめ

潮干狩りを楽しまれる方の間でも、あさりが冷凍できることはもう周知の事実ですが意外と冷凍できて便利な食材ってたくさんあるんです!

ご家庭で手軽にできてとっても使いやすい冷凍アイディアと活用方法をご紹介します♪
❤︎ お気に入り
目次
  1. まずは「あさり」の冷凍方法と活用方法をおさらい♪
  2. トマトも冷凍で美味しくなる!
  3. キノコ類も冷凍で旨味が3倍アップ!
  4. 卵!冷凍でレシピのバリエーションもUP♪
  5. 定番のみかん!美味しく冷凍する秘訣は2度凍らせる事。
  6. バナナやリンゴなども!
  7. ハーブの冷凍保存で使い勝手が格段にアップ!
  8. 生クリームはホイップ後でも冷凍出来る!
  9. バターも!!
  10. 食材は冷凍保存で「時短調理」にも繋げよう!

まずは「あさり」の冷凍方法と活用方法をおさらい♪

あさりは冷凍で旨味がUP!

潮干狩りなどでたくさん採れた「あさり」は、冷蔵庫に入れても1~2日しか日持ちしません。しかし冷凍保存なら、1か月は持つ上に”旨味成分もアップ”します!

「海水(3%の塩水)につけて砂出し→よく洗う→ザルにあげ1時間以上かけて塩抜き」この処理まで行えば万全です。後は水気をとり冷凍しましょう!
 

使う時は凍ったままでOK!

「冷凍アサリ」は、凍ったままの状態で、パスタなど普段の料理にそのまま使えます!解凍してから調理に使うとうまく口が開かないことがあるのでご注意を!

「汁物」にする場合は少量の氷水と一緒に冷凍し丸ごと使う方法も◎身がふっくら仕上がりますよ♡その場合レシピに記載してある「水の量」より少なめに調整しましょう。

トマトも冷凍で美味しくなる!

トマトも冷凍するとグルタミン酸が増え旨味がアップします!家庭菜園で大量に収穫した時にもイイですね◎

洗ったら、ヘタと水気を取り丸ごと冷凍庫へ!凍ったまま加熱調理が出来るので、スープ・パスタソースなど幅広く活用できますよ♪

皮は水をかけるとスルッと剥けます。食感は変わるのでサラダより、マリネか加熱の方がマスト◎

すりおろせばシャーベットや冷製パスタのソースとしても楽しめます!

冷凍トマトは、すりおろすだけでオードブルや、食間のお口直しにも最適な「爽やかなトマトシャーベット」に変身!ここではオリーブオイルと塩を加えてありますよ◎

冷製パスタのソースにも使えますし、カットして冷たいお料理のトッピング。お素麺なら氷の代わりにもなって一石二鳥です♪

キノコ類も冷凍で旨味が3倍アップ!

きのこ類も冷凍することで旨味成分が増え、香りまでアップします!

いしづきをとり、使いやすいサイズに整えてからジップロックなどに入れて冷凍しましょう。凍ったらパラパラになるので、使いたい量だけを取り出せますよ。

また、数種類のキノコを同時に使うなら最初からミックスしておくのも便利◎保存期間の目安は1か月です。
 

凍ったまま色んな料理に活用できる!

冷凍きのこも凍ったまま、色んな料理に活用できます!ただ、炒め物にする時は、水っぽくならないよう、強火で水分をしっかり飛ばしてから味を入れましょう。

そして、炊き込みご飯やスープなら、きのこの旨味を余すこと無く堪能できます♪冷凍きのこを使った炊き込みご飯の美味しい作り方のレシピも合わせて参考にされていください♡

卵!冷凍でレシピのバリエーションもUP♪

黄身の食感が変わる!

お馴染みの「生卵」も冷凍で数ヶ月保存可能!しかも、冷凍すると黄身が半熟玉子のように濃厚でもちもち食感になり絶品。

卵は保存袋に入れ冷凍するだけでOK!使う時は水をかけて殻を剥いたら、凍ったまま。または、1時間程度で自然解凍して使えます。

いつもの巾着卵、卵黄漬けなども更に扱いやすく美味しくつくれますよ♪

冷凍卵だからこそ実現出来る料理がある♪

冷凍卵の黄身は固さがあるので、いつものハンバーグなどで包むことだって実現可能に!

更に、殻を剥き凍った状態のまま衣をつけて揚げると・・天ぷら屋さんで食べる「卵の天ぷら」が簡単に自宅で楽しめますよ♡

1コの卵が2コになる♪

冷凍卵を半分にカットして焼くだけで、なんと。ミニサイズの可愛い目玉焼きが2コ完成!

これなら、卵の数が足りない時にも助かりますし、子供用に。トッピングに。お弁当に。と重宝するのでは♪
 

定番のみかん!美味しく冷凍する秘訣は2度凍らせる事。

みかんも冷凍すれば1~3ヶ月保存が可能です!

洗って水気を拭いたみかんを一度凍らせたら、冷水にサッとくぐらせて再度凍らせる事で「氷の膜」が出来て味が落ちにくくなるそうです。

食べる時は、お湯にサッとくぐらせれば簡単に皮がむけますよ。そのまま食べるも良し。氷代わりにドリンクに入れるのも良しの美味しさです♡

バナナやリンゴなども!

意日持ちしない果実も冷凍が便利!柑橘系・ベリー系・バナナ・マンゴー・桃・りんご・キウイ・パイナップル・チェリーなど「甘みや酸味の強いもの・味の濃いもの」が冷凍向きです♡

皮付きのものは一口大にカット。小さいものは丸ごと。全て、水気を取り除いてから冷凍するだけでOK!

冷凍フルーツが大活躍♪

冷凍フルーツはアイス感覚でそのまま食べるのも美味しいですし、ヨーグルト・パンケーキ・パフェなどのトッピングに。スムージーに。フルーツソースに。と幅広く活躍します!

スムージーにする時は、このように冷凍フルーツ×冷凍野菜を組み合わせると更に時短に繋がりますよ◎

ハーブの冷凍保存で使い勝手が格段にアップ!

なんと。余りがちなハーブ類も香りは少し落ちてしまいますが、冷凍出来ちゃいます♪

洗って水気を拭き取ったハーブは、使いやすい大きさにカットしてから密閉し冷凍するだけでOK。ミント・レモンバームなどは水と一緒に製氷皿で凍らせておくとアイスティーなどにもピッタリですよ◎

料理で使いやすくする工夫も

お水の代わりに、オリーブオイル・ブイヨンを使ったキューブにすれば、炒め物やスープなどを作るさいに、ポンッと入れるだけでOKなので更に便利ですよ♪

生クリームはホイップ後でも冷凍出来る!

生クリームは、そのままでもポイップ後でも冷凍可能!

液状の生クリームの場合は、製氷皿で凍らせておくと、スープやクリームパスタにぽいっと入れて活用出来ます◎

ポイップの場合は、バットに一口サイズに絞り出し凍ったら保存袋などに移しておきましょう。パンケーキに添えたり、珈琲に浮かべたりと重宝しますよ♡いずれも保存期間が1ヶ月が目安です。

バターも!!

通常冷蔵庫で保存している「バター」ですが、空気中の酸素や温度によって劣化しやすいそうです。せっかくの風味を保つためにも、すぐ使わない分は冷凍保存がおすすめ◎

バターは使いやすいサイズにカットし、ラップで小分けしてからフリーザーバッグなどに入れておきましょう。※バターカッターを使うと10gずつにカットできて更に便利です。

万能に使えるエスカルゴバターにして冷凍!

パセリ・ニンニクなどと合わせて「エスカルゴバター」にしてから冷凍するだけで、いつもの料理のグレードアップ・時短料理にも繋がり便利です!

パンに塗ればガーリックトースト。ごはんと合わせてガーリックライス。魚介や肉料理にも合うので、パスタ・ソテーなどなど。万能調味料のひとつとして活躍すること間違いナシ♪

食材は冷凍保存で「時短調理」にも繋げよう!

いかがでしたでしょうか?まだこんなに冷凍出来る食材があったなんて。しかも、冷凍方法や使い方によって時短料理や、新しい料理が作れるようになるなんて嬉しいですね♪

是非、みなさんも食材の無駄を出さず美味しくいただくため。時短調理のひとつとして。冷凍術活用してみてくださいね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!